Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【プロ野球・パリーグ】2020年チーム別投手力分析&ランキング

スポーツ

2020年もプロ野球開幕が近づいてきました!

今年はコロナウイルスの影響もあり、オープン戦は全試合無観客試合になってしまいました。

球場で応援したいファンとしては、少し寂しいけど仕方がないですね。現時点では、開幕戦がいつになるかは決まっていませんが、プロ野球ファンとしては早く開幕してもらいたいと思っています。

ところで、2020年のパリーグ各チームの戦力はどうなのでしょうか?

ひいきのチームが「今年は優勝できるかな?」「Aクラスに入れるかな?」とワクワクしている方も多いと思います。

そこでこの記事では、パリーグ各チームの投手力に特化して、戦力分析&ランキングしました。

今年のパリーグは、大きな補強やトレードが多かったですが、ソフトバンクと西武の優勝争いにどのチームが割り込んでくるのかが焦点になってくると思います。

ぜひ、各チームの投手力から自分なりのペナントレースの順位予想をしてみてください!

スポンサーリンク

パリーグ投手力分析 西武ライオンズ【2020年最新】

投手力:C

開幕ローテーション

  • ◎ニール

  • ◎高橋

  • 〇今井

  • △松本

  • 宮川

  • 十亀

  • 榎田

  • 内海

  • 本田   

  • ノリン

※赤色:左投手

先発ローテーションはニールを中心に回ると思います。

打線の援護があるので投手はある程度は楽に投げられると思いますが、それでも駒不足は否めません。

ルーキーの宮川や松本、ベテランの内海や榎田あたりがどれだけローテーションを張れるかもしくは谷間を埋めれるかが重要なポイントであると思います。

昨季は中継ぎの平井が若干の登板過多だったと思うので、今期は勤続疲労の影響も考えてできる限り先発で長いイニングを投げれる投手が出てくる必要があると思います。

中継ぎ

  • ◎ 平井
  • 佐野
  • 平良
  • ◎ ギャレット
  • 小川
  • △ 國場
  • 野田
  • △ 森脇

今季も平井が中心で回っていくと思います。ただし昨年登板過多であるので勤続疲労が心配されます。

そこに昨年後半でブレイクした平良と新外国人のギャレットがいかに平井の登板を分散させられるかが重要なポイントだと思います。

抑え

  • ◎増田

抑えは増田で間違いないと思います。

タイプ的には平良も抑え向きだと思うので、中継ぎで結果を出し続ければ配置転換の可能性もありますが、現状は増田で問題ないと思います。

◆関連記事:【西武】開幕スタメン・先発ローテーション予想【2020年最新】

スポンサーリンク

パリーグ投手力分析 ソフトバンクホークス【2020年最新】

投手力:A

開幕ローテーション

  • ◎千賀
  • ◎高橋礼(怪我)
  • ◎バンデンハーク
  • 和田
  • 大竹
  • △石川
  • △東浜
  • △高橋純平
  • △武田
  • ムーア
  • △二保
  • △松本

※赤色:左投手

先発ローテーション3枚は確定かと思われましたが、高橋礼が開幕には間に合わない可能性が高いです。

3人以外は全て△としましたが全員充分な力を持っています。

ですのでロングリリーフや中継ぎへの配置転換も含め、残り3.4枠を7人程度で回していく可能性が高いです。

その中でも注目ポイントは2点です。

  1. 高橋純平の配置転換
  2. ムーアの使い方

高橋純平に関しては2020年は先発に転向、ローテーション確定かと考えていましたが、甲斐野の離脱により中継ぎへの再配置の可能性も出てきました。

これに関しては高橋純平だけでなく、杉山や古谷・尾形など中継ぎ候補の若手次第+開幕時はモイネロがオリンピック予選でいないことも加味すると開幕は中継ぎでスタートするかもしれません。

ムーアに関しては外国人枠が厳しいです。

グラシアル/デスパイネ/モイネロのキューバ勢は当確、さらにはバンデンハークも当確です。ここに復帰を目指すサファテも控えますので正直怪我待ちという状況です。

メジャーでの実績もあり高年俸で入った選手ですので、プライド面も含めどう回していくか非常に注目です。

中継ぎ

  • ◎甲斐野(怪我)
  • 嘉弥真
  • モイネロ
  • ◯松田
  • ◯椎野(怪我)
  • △尾形
  • △杉山
  • 古谷
  • △高橋純平
  • △武田
  • △加治屋
  • △津森
  • 岩嵜

※赤色:左投手

軸となるのはモイネロ 嘉弥真 甲斐野あたりだと思います。

甲斐野は怪我で出遅れが心配されますが、先発候補の高橋純平や椎野、元タイトルホルダーの岩嵜などタレントは揃っています。

ここに若手の古谷 杉山 尾形が割って入って来ることができれば、盤石の体制が出来ます。

抑え

  • ◎森
  • △サファテ

※赤色:左投手

抑えは間違いなく森だと思います。

サファテが復調し外国人枠の問題もなければストッパーとして帰ってくる可能性もありますが、ブランクもあるので開幕時点では森で決まりだと思います。

◆関連記事:【ソフトバンク】開幕スタメン・先発ローテーション予想【2020年最新】

スポンサーリンク

パリーグ投手力分析 楽天イーグルス【2020年最新】

投手力:B

開幕ローテーション

  • ◎岸
  • ◎則本
  • 辛島
  • △涌井
  • 弓削
  • △石橋
  • 安楽
  • 福井    
  • 由規
  • 松井
  • 塩見 

※赤色:左投手

岸/則本の両エースは確定です。

残りの4枚に関しては、人はいるもののいまひとつ決定打にかけるというのが現在の印象です。

松井が先発転向で1枚埋まるかとも思いましたが、先日のOP戦を見る限りでは先発に必要な力の出し入れがうまくできておらず、中継ぎに再度配置転換されるのではないかと筆者は考えています。

先発では昨年後半から活躍した弓削が要注目です。

中継ぎ

  • ◎ 牧田
  • ◎ 青山
  • ◎ 森原
  • ◎ 宗
  • ◎ 酒居
  • 〇 高梨
  • △ 久保
  • △ 松井
  • △ ブセニッツ
  • △シャギワ

※赤色:左投手

中継ぎ陣は昨年とほとんど変わらないと思います。

外国人枠の問題があるので宗やブセニッツ/シャギワなどは判断が難しいですが、誰が入ってきても問題ないと思います。

おそらく野手で2枠外国人枠を使うと思うので、実績のあるブセニッツ/宗が入るのではないかと考えています。

また新加入の牧田/酒居も実績は申し分ないので、問題なくメンバーに入ってくると思います。

抑え

  • △松井
  • △ブセニッツ
  • △シャギワ

抑えが非常に難しいです。

筆者としては松井が再度配置転換されるのではないかと考えていますが、そのまま先発であった場合はおそらく外国人のどちらかではないかと思います。

これも外国人枠の問題で難しいようであれば大穴で牧田の可能性もあるのではないかと思います。

◆関連記事:【楽天】開幕スタメン・先発ローテーション予想【2020年最新】

スポンサーリンク

パリーグ投手力分析 ロッテマリーンズ【2020年最新】

投手力:B

開幕ローテーション

  • ◎石川
  • ◎種市
  • 二木
  • ◎美馬
  • 〇 岩下
  • 小島
  • 佐々木千
  • △佐々木朗
  • △唐川

※赤色:左投手

先発ローテーションはFAで加入した美馬を含め4枚は確定だと思います。

5・6番手争いですが、昨年後半に結果を出した岩下やドラフト1位同士のダブル佐々木や小島など数自体は多くないものの、若手が台頭し、戦力的にはそろっていると思います。

また先発転向が噂される有吉や経験豊富な唐川などもいますので、シーズンを通して先発不足に嘆くことはないのではないかと思います。

中継ぎ

  • ◎ 松永
  • ◎ 東條
  • ◎ 田中
  • 〇 チェン
  • 〇 ハーマン
  • 〇 ジャクソン
  • 〇 西野
  • △ 唐川
  • △ 東妻

昨年も活躍した東條や松永・田中あたりを中心に回っていくと思います。

外国人枠の問題はありますが、ハーマンやジャクソンなど日本でも経験豊富な外国人リーリーバーを獲得しましたので、酒居は抜けましたがブルペン陣は盤石だと思います。

若干先発陣が若いということはありますので、唐川がロングリリーフ要員として待機しながらローテーションの谷間を埋めていく形になるのではないかと思います。

抑え

  • ◎益田

経験・実績共に益田で問題ないと思います。 ハーマンやジャクソンといった外国人投手も抑えはできると思うので、抑えということにあまりこだわらず流動的な配置でも十分回ると思いますが、筆頭は益田で問題ないと思います。

◆関連記事:【ロッテ】開幕スタメン・先発ローテーション予想【2020年最新】

スポンサーリンク

パリーグ投手力分析 日本ハムファイターズ【2020年最新】

投手力:B

開幕ローテーション

  • ◎有原
  • ◎上沢
  • ◎金子
  • ◯マルティネス
  • ◯バーヘイゲン
  • 加藤
  • 上原
  • △杉浦
  • △吉田
  • 河野

※赤色:左投手

外国人枠の関係はありますが、先発ローテーションは5人は確定かと思います。

3人以外は全て△としましたが全員充分な力を持っています。

残り一枠がショートスターター枠として加藤/上原などが担うのか、それとも吉田や河野が担うのかということがポイントになると思います。 その中でも注目ポイントは2点です。

①ショートスターターの使い方

②吉田/河野のドラフト1位コンビの活躍

①に関しては昨年試したショートスターターを今季はどうするか?という点です。昨年は金子/上原/加藤などがこの役割を担いましたが、あまり上手くいったという印象はありません。

②とも絡んできますが、昨年吉田が経験を積んでいること、ドラフト1位で即戦力の河野を取ったことを考えるとショートスターターではなくローテーションが組める、なおかつ上原や加藤をロングリリーフ待機させられるので、栗山監督がどのような采配をするのか要注目です。

中継ぎ

  • 宮西
  • 公文
  • ◎玉井
  • ◎石川
  • ◎ロドリゲス
  • 加藤
  • △西村
  • △井口
  • △浦野
  • △立野
  • △鈴木

※赤色:左投手

昨年も中継ぎの軸はしっかりしてかつ若い選手が多いので、2020年も同じメンバーが揃うと思います。

ここにルーキーの立野や鈴木が結果を出して、先発の一角まで見据えることが出来ると投手陣は安定すると思います。

抑え

  • ◎秋吉

抑えは間違いなく秋吉だと思います。 昨年も安定していましたし、実績も充分ですのでシーズンを通して怪我なくいければ安泰だと思います。

◆関連記事:【日本ハム】開幕スタメン・先発ローテーション予想【2020年最新】

スポンサーリンク

パリーグ投手力分析 オリックスバファローズ【2020年最新】

投手力:B

開幕ローテーション

  • ◎山岡
  • ◎山本
  • 〇榊原
  • 田嶋
  • アルバース
  • △K-鈴木
  • △張
  • △荒西
  • △竹安
  • △ディクソン

※赤色:左投手

先発ローテーション山岡・山本のエース2枚は確定です。

もちろん打線との兼ね合いはありますが、2人には最低でも13勝以上はしてほしいところです。

エース2枚がしっかりしているので注目のポイントは残り4枠をいかに埋めるかです。

期待するのは榊原/田嶋の両若手です。

榊原に関しては昨年覚醒の兆しを見たので今季は更なる飛躍を、田嶋に関してはルーキーの頃から10勝はできる力を持っていますので、今季はこれまでと違い打線も多少の期待ができるので、これまでの1点も与えてはいけないではなくある程度楽に投げることで結果につながってくるのではないかとおもいます。

筆者としてはそのあとの枠に昨年は抑えもしていたディクソンを戻してもいいのではないかと思っています。

中継ぎは海田や近藤/吉田など若手も出てきていますし、先発がどうしても手薄なのでディクソンを戻す、もしくはショートスターターを展開していくなどが必要かと思います。

中継ぎ

  • ◎近藤
  • 海田
  • 山田
  • ◯吉田
  • ◯比嘉
  • △澤田
  • △東明
  • △ディクソン

※赤色:左投手

軸となるのは近藤 海田あたりだと思います。

〇まではほとんど確定だと思いますが、総じて昨年の防御率が3点以上なのでせめて2点台後半ぐらいでは投げてほしいところです。

期待を込めて東明を入れましたが、東明にはロングリリーフから先発ローテション入りを目指すような活躍をしてもらいたいところです。

抑え

  • ◎増井
  • △ディクソン

※赤色:左投手

抑えは間違いなく増井だと思います。

筆者個人的にはオリックスはどうしても先発の薄さに難がありそうなので、日本ハム時代と同様に増井の先発/もしくはディクソンの先発を期待したいです。

FA時の条件にもありそうですので増井の先発の線は薄いかもしれませんが。

◆関連記事:【オリックス】開幕スタメン・先発ローテーション予想【2020年最新】

スポンサーリンク

パリーグ投手力ランキング【2020年最新】

以上の各球団の投手力分析の結果から、ランキングは以下の様になります。

順位 球団
1位 ソフトバンク
2位 ロッテ
3位 楽天
4位 オリックス
5位 日本ハム
6位 西武

◆関連記事:【パリーグ】攻撃力分析&ランキング【2020年最新】

◆関連記事:【パリーグ】戦力分析と順位予想【2020年最新】

スポーツ
スポンサーリンク
ats blog

コメント