Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Pring(プリン)の使い方と使える店は?提携銀行はどこ?

生活

最近、キャッシュレス決済サービスが話題になることが多いですよね!

オリンピックや大阪万博に向けて、日本ももっとキャッシュレス決済を広めていこうと国全体が動いているようです。

そんななか、他と少し違ったサービスで注目を集めているのが、無料送金アプリ「pring( プリン )」です。

スマホで買い物ができるなど、基本的な機能は他のキャッシュレス決済サービスと同じですが、それ以外にもユニークな特徴を持っています。

ここでは、pringの機能やメリット・デメリット・提携銀行や使える店・キャンペーンについて紹介します。

スマホでお金のやり取りをするならとても便利なサービスです。今からキャッシュレス決済を始めようと思っている人は、必見です!

スポンサーリンク

pringとは

pringは、スマホでメッセージのやり取りをするように、お金のやり取りができるコミュニケーションサービス です。

お店で買い物するときに利用できるのはもちろんのこと、個人間での送金が手軽にできるというのが最大のポイントです。

飲み会の割り勘など、ピッタリのお金がなくて困るときってありますよね。

そんなとき、このアプリがあればスマホ経由でお金を受け渡しできるというわけです!

しかも、お金を送るのも、もらうのも、支払うのも、全部無料です。さらに、 pringのアプリから銀行口座にお金を戻すこともでき、その手数料も無料 なのです!

口座に戻せるというのは珍しいですね!他のサービスだと、現金化できないことも多いので、とてもありがたいです。

スポンサーリンク

pringの機能

pringのおもな機能は以下のものです。

・お金を送る
・お金をもらう
・お店で支払いに使用する
・pringにチャージする
・pringから口座にお金を戻す
・チャット

チャット機能があるので、お金を送る際にメッセージを添えて送ることができるというのも、他のアプリとは違ったポイント です。

メッセージアプリ感覚で、手軽に送金できるのが売りということですね!

スポンサーリンク

pringのメリット・デメリット

では、pringを使うとどんな良いことがあるのか、また不便な点は何かを見ていきましょう。

メリット

メリットに関しては、ここまで紹介したものとも重複しますが、以下の点が挙げられます。

・送る/もらう/払うという基本機能が無料
・口座にお金を戻すのも無料
・メッセージと一緒にお金が送れる
・お得なキャンペーンが随時行われている

これまでにも紹介しましたが、送金が無料なのはとても嬉しいですね!

銀行の口座振込で送金すると、たいていの場合、手数料がかかります。pring経由だと無料 なので、これはありがたいです。

この機能は、自分が持っている、複数の銀行口座間のお金の出し入れにも使えます。「みずほ銀行の預金を三井住友銀行に移す」というような場合にも、pringを使えば手数料がかかりません。

複数の口座を利用している人にも便利ですね!

ただし、楽天銀行での利用に関しては、完全無料ではありません。pringから楽天銀行への出金は月 3 回まで無料で、その後は 1 回 200 円(税別)がかかります

また、楽天銀行からpringへのチャージは 1 日 1 回まで無料で、それ以上の場合は 1 回 200 円(税別)がかかります

デメリット

pringは 2018 年に始まったばかりのサービスで、まだまだ発展途上です。

便利な点もたくさんありますが、デメリットもあります。

一番残念なのは、支払いで利用できるお店が少ない という点です。

少なすぎるせいなのか、現在pringの公式サイト上でも、使える店の一覧がなく、前もって「pringが使えるからこの店に行こう」というような検索は不可能です。

お知らせページに、使えるようになったお店は随時追加されていくようですが、いちいち確認するのは面倒ですよね…。

また、提携している銀行もまだ少ないです。以下がそのすべてです。

Pring提携銀行一覧(2019年7月現在)

みずほ銀行 三井住友銀行 りそな銀行 住信 SBI ネット銀行
楽天銀行 ジャパンネット銀行 イオン銀行 埼玉りそな銀行
福岡銀行 西日本シティ銀行 愛知銀行 伊予銀行
愛媛銀行 関西みらい銀行
(※旧関西アーバン銀行の方を除く)
北九州銀行 熊本銀行
群馬銀行 京葉銀行 四国銀行 七十七銀行
親和銀行 親和銀行 千葉銀行 筑波銀行
東邦銀行 百十四銀行 広島銀行 北洋銀行
宮崎銀行 武蔵野銀行    

大手でも、 UFJ銀行や新生銀行、ゆうちょなどは使えません 。いずれ対応するとは思いますが、やや不便ですね。

スポンサーリンク

pringを使えばキャッシュカード&手数料なしでお金をおろすことができる!

「チャージしたお金を口座に戻す」という機能をうまく活用すると、最寄りのセブン – イレブンで現金を手にすることができます

pringでは、口座にお金を戻す際に、銀行口座に入れるか、セブン銀行で現金として受け取るかを選択できるのです!

セブンイレブンで現金を受け取るには?
・セブン銀行の ATM にある、「カードを使わない番号入力での取引」という機能を利用 します。
・pringで出金の手続きをすると、画面に ATM での操作の指示が出るので、そのとおりに操作しましょう。

近くに銀行がない、キャッシュカードを持っていないというときは、まず紐づけした口座からpringにお金をチャージしましょう。そのあと、pringからセブン銀行を選択して出金すれば、手数料無料で手元に現金がやってくるのです!

ただし、手数料が無料なのは 1 日 1 回だけです。 2 回め以降は 216 円かかります 。また、出金できるお金の上限は 10 万円です。

さらに、pringから、セブン銀行の口座にお金を戻すことはできない という点にも気をつけてください。セブン銀行からpringへのチャージもできません。

スポンサーリンク

pringのキャンペーン

pringでは、期間限定のキャンペーンをたびたび行っています。

2019 年 7 月現在は、友達を紹介すると 500 円もらえるキャンペーンが実施されています 。自分も友達ももらえるので、ぜひ活用したいですね!

pringが使えるお店

お知らせのバックナンバーを見ると、「キャナルシティ博多、マリノアシティ福岡、リバーウォーク北九州、木の葉モール橋本、パークプレイス大分で使える」という情報はあります。

また、北九州第一交通株式会社小倉営業所のタクシーや、ニチガスなどでも使えるようです。

しかしその他のお店に関しては、あまり詳しく紹介されていません。

下のロゴマークがある店なら使えるようなので、見つけたらラッキーという気持ちでいましょう。

なお、以降には、ファミリーマートが提供するキャッシュレス決済サービス「 FamiPay」とも提携すると言われています

「 FamiPayにpring経由でチャージができるようになる」というのがその提携内容のようですが、同時にファミマでpringでの支払いもできるようになるとありがたいですね!

スポンサーリンク

pringの使い方

pringを利用するには、専用のアプリが必要です。

iPhoneにもAndroidにも対応しているので、ストアで「pring」または「プリン」で検索してみましょう。

インストールが完了して起動できたら、まず銀行口座の登録を行います。

あとはとても簡単です。画面にある、利用したい機能をタップするだけです。

送金は、相手がpringを使っていない場合でも、SMSや LINE アカウント、QRコードなどで URL を送れば利用できます。

また、お店での支払いは、QRコードを表示して行います。スマホにQRコードを表示させて、それをお店のレジで読み取ってもらって精算、という方式です。

Pring支払い詳細

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

複数の銀行口座を持っている人にはぜひオススメ!

pringというサービスは、キャッシュレス決済としてはまだまだですが、送金アプリとしてはじつに優れた機能を持っています。

特に、銀行の口座が複数あって、毎月それぞれから出金したり入金したりしているという人には、利便性が高いと思います。

  使っている銀行がpringと提携しているなら、今すぐ利用して損はないです。口座間のやり取りがこのアプリだけで完了しますし、ほとんどの場合、手数料がかかりません。

また、キャッシュカードをいくつも持ち歩いているという人にもおすすめです。

キャッシュカードは、落としてしまうと大変ですよね。割ってしまっても一大事です。

でも上で紹介した方法を使えば、スマホとセブンがあれば、キャッシュカードがなくても出金できます。キャッシュカードを持ち歩かなくて良くなるのです!

いずれ、キャッシュレス決済として使えるお店も増えていくでしょう。ファミマやセブンで使えるようになる可能性は高いと思います。

今はまだサービスが開始して間もないので、キャンペーンも頻繁に実施されています。始めるなら今ですよ!

生活
スポンサーリンク
ats blog

コメント