Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【2020年】山形のさくらんぼ狩りの時期とおすすめ農園は?

イベント

初夏に旬のシーズンを迎えるフルーツ・さくらんぼ。スーパーで購入するとなかなか高価なので、思いっきり食べたいという人は、さくらんぼ狩りが一番です!

日本一のさくらんぼの生産地である山形県には、さくらんぼ狩りができる農園がたくさんあります。

また、品種もたくさんあります。有名なのは佐藤錦ですが、他にも赤くて甘いさくらんぼがいくつも生産されているのです。

この記事では、山形のさくらんぼ狩りについて以下の項目を紹介しています。

・山形のさくらんぼの特徴
・山形のさくらんぼ狩りの時期
・山形のさくらんぼ6つの品種の特徴
・山形のさくらんぼ状況別のおすすめの品種
・おすすめの山形のさくらんぼ農園4選

夏休み直前のお出かけに最適ですよ!

コロナウィルスの影響で営業していない農園があります。情報を確認してからお出かけください。

スポンサーリンク

山形のさくらんぼ狩り 山形のさくらんぼの特徴

山形のさくらんぼの年間生産量は、約14500t。全国シェアでは70%以上を誇っています。

山形でも特にさくらんぼの生産が盛んな山形盆地は、その地形のおかげで梅雨時にも雨が少なく、台風の被害もあまり受けません。また、冬はかなり寒くなりますが、夏はかなり日差しが強くなるとのこと。昼夜の寒暖差も激しいです。

そうした気候のおかげで、山形のさくらんぼは美味しくなるそうです。雨の被害が少ないことで実が弱りにくく、また寒さと暑さの両方を経験することで、実の中に養分がしっかりと蓄えられるのです。

山形では、現在30種類ほどのさくらんぼが栽培されているそうです。なかでも有名なのは佐藤錦ですが、紅秀峰や紅さやかなどの品種も多く見られます

また、さくらんぼ農園は、山形盆地がある、県の中部に多いです。さくらんぼ目当てに観光旅行を考えている人は、山形市や寒河江市、天童市などに宿泊することをおすすめします。

スポンサーリンク

山形のさくらんぼ狩りの時期

さくらんぼの旬は、5月下旬~7月頃で、さくらんぼ狩りのシーズンはだいたい5月終わり~7月です

ただ、品種ごとに収穫できる時期にずれがあるので注意してください。

この品種が食べたい!というものが決まっている人は、下の品種の特徴を見て、収穫時期を逃さないようにしてくださいね!

また、さくらんぼは、時期をずらした栽培というのがあまりできない植物です。

そのため、この時期を逃してしまうと、もうどこに行っても食べられません。その点も気をつけてください。

スポンサーリンク

山形のさくらんぼ狩り 山形のさくらんぼ6つの品種の特徴

山形のさくらんぼ狩りでよく見かける品種は、以下の6種類です。

佐藤錦

旬の時期:6月中旬~6月下旬頃

最もポピュラーで、最も人気のある品種です。どの農園でも、だいたいこちらは栽培しています。

肉質が柔らかく、糖度は14度以上、なかには20度を超えるものもあるとか。味に関しても、最高品質と言われています。

誰もが、見て美しく、食べて美味しいと思う、お手本のさくらんぼです。

紅さやか

旬の時期:6月上旬頃

早い時期に実を付ける品種です。こちらも紅秀峰と同じく比較的新しいです。

大きさは佐藤錦と同じくらいで、糖度は14~19度とやや高め。酸味が少なく美味しいです。

佐藤錦の旬まで待てないという人におすすめです。また、実の赤が比較的濃いというのも特徴です。

紅秀峰

旬の時期:6月中旬~7月上旬頃

1991年に品種登録された、比較的新しいものですが、人気はかなり高いです。

実が8~9gと、かなり大きめです(佐藤錦は6g)。少し横に広がった形をしています。

さらに、少し硬めなので、食べごたえ十分です。加えて、糖度は20度前後もあり、酸味が少ないという特徴があります。

大きくて、甘くて、美味しい!という最高の品種です。

高砂

旬の時期:6月中旬頃

アメリカ原産の品種で、県によっては伊達錦や8号とも呼ばれます。

実は6g程度で、それ以上には大きくなりません。糖度は15度くらいですが、酸味が強めです。ただ、果肉が柔らかく果汁が多いので、美味しく感じられます。

実の赤色が薄めで、可愛らしいです。ただ、種が大きいのがちょっと残念です。

大将錦

旬の時期:7月上旬~中旬頃

佐藤錦とナポレオン、高砂が偶然交配してできた品種です。一番遅い時期に収穫されます。

平均10gにもなる大玉で、実の硬さもトップクラスです。また糖度は20度以上を誇り、酸味が少なく、果汁が多いです。

紅秀峰と同じく、大きくて甘く、美味しいさくらんぼです。また、実の色ムラが少なく、真っ赤でとてもきれいです。

ナポレオン

旬の時期:6月下旬~7月上旬頃

ヨーロッパで古くから栽培されている品種で、明治初期に日本にやってきました。佐藤錦をはじめ、数々の品種を生み出した木です。

実は中サイズで、甘みよりも酸味を強く感じます。果肉は硬めで、果汁が多いです。

完熟前はやや酸っぱいですが、完熟するととても甘くなり、色も鮮やかになります。この品種を狙うなら、農園の人に完熟しているかどうか聞いた方が良いです。

スポンサーリンク

山形のおすすめさくらんぼ

さくらんぼ狩りに行けない方は、自宅で山形のさくらんぼを楽しんでみてはいかがですか?

スポンサーリンク

山形のさくらんぼ狩り 状況別のおすすめの品種

各品種の特徴を押さえたところで、状況別のおすすめ品種です。

みんなでワイワイ食べたい!

誰もが美味しいと思う、佐藤錦は外せません。また、大粒の紅秀峰や大将錦もおすすめです。

ただ、大将錦の時期を合わせるのは難しいので、佐藤錦と紅秀峰のダブルを狙うのが良いでしょう。

とにかくたくさん食べまくりたい!

当然ながら、大粒の紅秀峰か、大将錦を狙いたいです。どちらも食べごたえ抜群で、甘くて美味しいです。

また、ひとつだけ時期が外れている紅さやかもおすすめです。紅さやかが旬の6月上旬期は、まだ、さくらんぼ狩りの最盛期ではありません。農園が比較的空いているので、ゆっくりじっくり食べられます。

インスタ映えをねらうなら!

さくらんぼはどれも可愛らしいですが、一番写真映えするのは大将錦です。大きいだけでなく、色のムラがないため、どう写してもきれいになります。

また、いわゆるさくらんぼらしい美しさを狙うなら、紅さやかや完熟期のナポレオンがおすすめです。佐藤錦も可愛らしいですが、みんな写しているので、意外性は少ないかもしれません。

ただ、これらはどれも色が濃いものばかりです。色が薄めできれいな品種を激写したい人は、高砂が狙い目です。

スポンサーリンク

山形のさくらんぼ狩り おすすめの山形のさくらんぼ農園4選

さくらんぼについて紹介したところで、以下はさくらんぼ狩りが楽しめるおすすめの農園です。

それぞれ栽培している品種が違い、時期によって食べられるものが変わってくるので、行く前に必ず確認してくださいね!

(値段は大人料金です。施設によっては子ども料金の設定を設けているところもあります)

高橋フルーツランド

・期間:5月下旬~7月上旬
・場所:山形県上山市阿弥陀地字塩崎前1368-3
・値段:【温室(6月上旬まで)】30分食べ放題 大人:2700円/子供:1400円
    【露地(7月上旬まで)】30分食べ放題 大人:1600円/子供:900円
・品種:佐藤錦・紅秀峰・ナポレオン・紅さやか・高砂・大正錦・月山錦
高橋フルーツランドの情報はこちらから

温室と露地(自然栽培)のさまざまな品種のさくらんぼを楽しめます。黄色い実を付ける月山錦なども食べられます。時期によっては、ラ・フランスやぶどうなどの食べ放題も実施しています。

隣接するカフェも人気が高く、季節のパフェやジュースが楽しめます。

やまや園

・期間:6月中旬~7月上旬(2019年は6月8日から)
・場所:山形県山形市中野目赤坂2162-8
・値段:時間無制限 大人:1800円/小学生:1000円/幼児:500円
やまや園の情報はこちらから

時間無制限で食べ放題、という太っ腹な農園です。

木を低くしてあり、子どもでも手が届くという嬉しい作りです。ビニールハウスの屋根があるので、雨天でも行けます。

隣接するピザリアでは、窯焼きのピザが食べられます。また、バーベキューなどもできます。

完全予約制ですので、行く前に必ず予約してください。

王将果樹園

・期間:5月中旬~7月上旬(2020年は5月16日から7月19日まで)
・場所:山形県天童市川原子1303
・値段:【スタンダード】30分食べ放題1300円など
・品種:佐藤錦、紅さやか、ナポレオンなど
王将果樹園の情報はこちらから

温室と露地の2種類があり、それぞれ30分食べ放題、60分食べ放題などさまざまなコースを受け付けています

さくらんぼ以外の果物も栽培しており、広大な果樹園が広がっています。施設内のデザイナーズカフェで休むこともできますし、売店では山形の地酒販売も行われています。

ソフトクリーム付きコースや、近隣の天童温泉に入れる温泉入浴券付きコースなど、さまざまなコースが選べます。

まほろば観光果樹園

・期間:6月下旬~7月上旬
・場所:山形県東置賜郡高畠町二井宿132-4
・値段:時間無制限 大人:1200円/子供:700円
・品種:佐藤錦、紅さやか、ナポレオン、紅秀峰など
まほろば観光果樹園の情報はこちらから

時間無制限で、しかも1,200円という安さで楽しめます。

平地にあるので、ベビーカーや車椅子でも行けるのが嬉しいところです。関東から行くなら、交通の便も良いですよ!

スポンサーリンク

山形のさくらんぼ狩りの時期 まとめ

さくらんぼは皮をむかずに食べられるので、ただひたすら食べ続けることができます。30分もあれば、お腹いっぱい食べられますよ!

ぜひお昼を抜いて、お腹を空かせて行くようにしましょう。

さくらんぼ日本一の生産地・山形で、さくらんぼ狩りを堪能してくださいね!

イベント
スポンサーリンク
ats blog

コメント