Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

『新型コロナウィルス』銭湯の感染は大丈夫?注意する場所は?

生活

新型コロナウイルスが世界各国で問題になり、連日大会の中止や公演の中止が発表されています。とうとうオリンピックも延期になりました。いつ収束するのか分からない新型コロナウイルスですが、家に引きこもっていたら感染しないのでしょうか。

罹患率が低下することは確かですが、家から出なかったとしても絶対に感染しないとは現時点では誰にも明言できないことです。

では感染に気を付けながらも普通に暮らすとして、どう言った点に気をつければ良いのでしょうか。例えばスーパー銭湯によく通っていたのなら、その日常を崩さずにいる為に何をしたらいいんだろうと悩まれている方もいらっしゃるでしょう。

日常的には利用していなくても、たまのリラックスにスーパー銭湯を利用する人もいます。こんな状況だからこそ、体だけでなく気持ちをほっと緩めたいと考えてしまうものではないでしょうか。

自衛はもちろん大切です。ですが、あれも駄目、これも駄目と片っ端から自分をがんじがらめにしてしまったのでは気持ちが疲れてしまい、気持ちで病気に負けてしまうこともあるでしょう。締めるべきところは締めて、その必要のない部分に関しては緩めてやることも時には必要です。

ここではスーパー銭湯に行く場合、何に気をつけ、何を予め知っておけばいいのかをご紹介します。

新型コロナウィルスに関する詳細な情報は、厚生労働省「新型コロナウィルス感染症について」をご覧ください。

◆関連記事:シャープのマスクはどこでいつから購入可能?

スポンサーリンク

『新型コロナウィルス』スーパー銭湯で注意する場所は?

スーパー銭湯は入浴だけでなく食事することができたり、他の娯楽もあるのが魅力的な施設です。

そのスーパー銭湯での小規模集団感染(クラスター)の報告は現時点(2020.3.28)では無いようです。

湿度の確保は新型コロナウイルスが流行りだした頃から言われていますが、スーパー銭湯のお風呂場においては湿度の心配はしなくて大丈夫でしょう。ただ、今はどこにウイルスが潜んでいるかわかりません。そのため、スーパー銭湯側でも出来うる限りの対策を行っています

例えば清掃の徹底や消毒、スタッフのマスク着用や手洗いの徹底などです。利用者を迎える側ができることは全てやっていると言えます。

それに対し、利用者側は何に気をつけたらいいのか。どういった場所で注意が必要なのかを考えておく必要があります。

スーパー銭湯に限った話ではありませんが、共用のものに触った後には顔に触れる前に手を洗った方がいいでしょう。その点、すぐに手を洗い流せるスーパー銭湯は非常に理想的な環境かもしれません。

スーパー銭湯でよく利用する場所は、残念ながら全て注意が必要な場所になります。前述しましたが、今はどこにウイルスが潜んでいるかわからないからです。しかし闇雲に気を尖らせる必要はありません。注意が必要な場合を紹介していきますので、参考にしてみてください。

◆関連記事:『新型コロナ』結婚式を欠席したい時の理由や注意点は?

◆関連記事:『新型コロナ』美容院や床屋での感染は大丈夫?

◆関連記事:『新型コロナ』歯医者は行っても大丈夫?

スポンサーリンク

『新型コロナウィルス』スーパー銭湯の脱衣所の感染リスクと注意点は?

まずは脱衣所ですが、スーパー銭湯側の対応として今まで以上に清掃に気を使っています。更に一定時間毎で消毒も行っているようです

脱衣所にはお風呂がある場所程には湿度はありませんが、それでもドアを開け閉めする時や水気を纏って出てくる人達のお陰で空気が乾くということはありません。

密閉空間ではありますが、脱衣所にいつまでも留まる人はいないので大人数が集まるという条件には該当しません。感染リスクは低い場所だと言えるでしょう。

注意をするとすれば、ロッカーを使う時は念の為に隣あるいは上下にいる人との距離をロッカーひとつかふたつ分開けて使用することをおすすめします。その方が自分も安心ですし、他の利用者と不必要ないさかいも起きません。

スポンサーリンク

『新型コロナウィルス』スーパー銭湯のサウナの感染リスクと注意点は?

サウナは温泉よりも更に湿度がある場所なので、ここでも空気の乾燥を心配する必要はありませんが、湿度があまりないようなサウナは避けた方が無難でしょう。どうしても利用したい場合は湿らせたタオルを持っていくといいかもしれません。

ただし、サウナはほかの場所に比べて空間が狭く、どうしても他の利用者との距離が近くなってしまいます。間隔をあけて利用しようにも限界がある場所なのは否めません。

施設側は清掃や消毒を徹底していますが、サウナを利用する人が多ければ感染リスクの高まる「人が密集する」に該当する場合もあります。

サウナを利用するのは、既に利用している人の人数を確認してからの方がいいでしょう。

スポンサーリンク

『新型コロナウィルス』スーパー銭湯の露天風呂の感染リスクと注意点は?

露天風呂は野外に設置されたものなので、密閉空間には該当しません。空気も常に流れているので換気ができていないということもなく、かと言って湿度がないわけでもありません

施設によっては、広さはそんなに無い場合はありますが、小規模集団感染(クラスター)が引き起こされる可能性がある条件にはひとつも当てはまらないので、スーパー銭湯の中では一番感染リスクが低い場所と言えるでしょう。

ですが、野外といえども基本的な咳エチケットはきちんと守る必要があります。スーパー銭湯のどの施設を利用する場合でも、常に周りには人がいて、スタッフが働いています。

感染リスクが低い場所でも、お互いの為にエチケットを守って気持ちと体をほぐすようにしましょう。

◆関連記事:『新型コロナ』キャンプ場の感染リスクは?

◆関連記事:『新型コロナ』公園遊びは大丈夫?

◆関連記事:マスクが体調不良や頭痛の原因に?対策は?

◆関連記事:マスクでメガネが曇る時の対策は?

スポンサーリンク

『新型コロナウィルス』スーパー銭湯に行っても大丈夫?

結論から言うと、スーパー銭湯には行っても大丈夫です。不要不急の外出の自粛要請が出ており、不要な外出ではないかと思われる人もいるでしょう。ですが、お風呂に入ることを不要だと言い切れる人はいないのではないでしょうか

衛生面を考えれば、むしろ入浴したほうがいいでしょう。確かに自宅と違って不特定多数の人が利用する場所ではありますが、電車の中とは違って共用のものに触ったらすぐに手を洗うことができます。

サウナを利用する際には少し注意が必要ですが、サウナで騒ぐ人はいないため、唾が飛んできたりする危険は小規模集団感染(クラスター)が報告されているような他の場所よりもぐっと低いです。

絶対に安全だとは残念ながら言い切れませんが、そんなことを言い出してしまえば人間は地球上のどこにもいられないことになってしまいます。常にお湯に触れて洗われ続けているような状況にいられるスーパー銭湯でゆっくりしても罰は当たらないでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

スーパー銭湯というと、裸という無防備な状態で利用する点や、不特定多数の人が利用する場所という点から新型コロナウイルスに感染するのでは、という不安を抱かれやすい施設です。そのため、スタッフは一丸となって清掃や消毒に取り組んでいます。

また、ここまで紹介してきたように、スーパー銭湯の多くの場所では湿度が保たれており、お湯に浸かっていれば常に手や体を洗っているのと同じ状態です。

変に神経質になることなくお風呂でゆっくりと体をほぐして、質のいい睡眠に繋げることで逆に免疫アップを狙えるかもしれません。

行きたいなと思ったのなら、コロナ問題も含めて疲れた心身をスーパー銭湯で癒してあげてください。

生活
スポンサーリンク
ats blog

コメント