Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

寝室の加湿器の効果的な置き場所は?布団がカビる原因と対策は?

生活

冬が近づくと、乾燥が気になりますよね。

寝ている間に部屋が乾燥して、喉が痛くなってしまうという人も多いのではないでしょうか。

そんなときは、加湿器が活躍します。部屋の湿度を上げてくれる、頼もしい味方ですよね!

しかし加湿器は、就寝中ずっと稼働させていて、はたして大丈夫なのでしょうか。

朝起きたら布団が湿っていた、という失敗談もあります。置き場所などをよく考えて使用しないと、室内にカビが生えてしまうこともありそうです。

ここでは、睡眠中、寝室で加湿器を使う際の注意点などを紹介します。

冬も乾燥を気にせず眠りたい人は、チェックしてください!

スポンサーリンク

就寝中に加湿器で布団が湿ってしまう原因

人が快適に感じる湿度は、40%~60%くらいと言われています。

これより湿度が高い状態を続けていると、布団が湿ったり、窓が結露したりするようです。

こうした事態を防ぐには、適度に換気をすることが重要です。

日中であれば、部屋を出入りするなどしてそれなりに換気ができていますし、水分量が多いと感じたら自分で加湿器を止めることもできますよね。

しかし、寝室で就寝中となると、換気もしないし加湿器を止めることもしません。

そのせいで、布団が湿ってしまうのです。

布団の湿気や窓の結露を放置すると、カビが生えてしまいます。

いくら乾燥していなくても、不衛生な部屋で眠るのは嫌ですよね。

スポンサーリンク

寝室に置く加湿器はどんなものが良い?

加湿器にはさまざまなタイプのものがあります。

寝室に置いて使うにはどんなものが良いのかを見ていきましょう。

センサー付きのものを選ぶ

加湿器のタイプではありませんが、性能においてはセンサー付きのものを選ぶと安心です。

センサーがついていれば、部屋の湿度が下がったら加湿して、適切な湿度になったら運転が自動的にストップしてくれます。

これなら、加湿のしすぎで部屋が濡れる心配はないですよね!

気化式やハイブリッド式がおすすめ!

加湿器で最も安価なのは、超音波式のものです。しかし、このタイプはパワーが強すぎて、布団の近くに置いておくと、布団が濡れてしまうことがあります。

スチーム式のものも良いのですが、音が大きいのが難点です。

一方、気化式のものは、それほどパワーが強くないので、音も静かですし、一晩中付けていても湿気が上がりすぎる心配はありません

さらに、気化式よりもパワーが高い、温風気化式と気化式のハイブリッドタイプなら、部屋の湿度をいつでも快適に保ってくれます

とはいえ、いずれのタイプでも、センサーがきちんと付いていれば、そこまで湿気が上がりすぎることはありません。

寝室に置く加湿器は、湿度センサーが付いているものの中から選びましょう。

スポンサーリンク

加湿器を寝室に置くときの注意点

就寝中に加湿器を利用するときは、湿度の設定は低めにしておきましょう

また、サーキュレーターなどを利用して、換気を行うのも良いと言われています。

他にも、カビを防止するという意味では、寝室のベッドの下や布団の下に除湿シートを敷いておくというのも有効です。

置き場所にも注意する

加湿器の置き場所次第で、結露を防ぐことも可能です。

まず、ベッドや布団のすぐそばには置かないようにしましょう。気化式のものであればそれほど問題ないと思いますが、その他のタイプだと、パワーが強すぎて真っ先に布団が濡れてしまいます。

また、窓の近くも避けてください。外気温と室温の差が激しくなると、窓に結露が発生します。

他にも、エアコンの風が直接当たらない場所に置くというのも重要です。

エアコンの風のせいで、湿度を感知するセンサーが正しく部屋の湿度を認識できず、うまく作動しません。

さらに、テレビ等の電化製品からも離しておいてください。

もし結露が発生してしまった場合、電化製品の故障につながるおそれがあります。

スポンサーリンク

加湿器を上手に使って快適に眠ろう!

乾燥する冬も、部屋の湿度を一定に保つことで、快適に過ごせるだけでなく風邪などの予防にも繋がります。

置き場所や使い方を少し工夫するだけで、加湿しすぎは簡単に防げます。

加湿器をうまく利用して、湿気が多すぎず、少なすぎず、気持ちよく眠れる環境を整えましょう!

生活
スポンサーリンク
ats blog

コメント