Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

睡眠時間が短いと太る?太らない体を作るのに必要な睡眠時間は?

生活

睡眠時間と肥満には、深い関係があります。

実は、睡眠時間が短い人は、太りやすいという研究結果があるのです。

ここでは、睡眠時間の長さがなぜ太りやすさに関係するのか、具体的に何時間くらい寝るのが良いのかなどを紹介します。

ダイエットがうまくいかないという人は、一度睡眠時間を見直してみてください。

案外、すんなりと痩せられるようになるかもしれないですよ!

スポンサーリンク

睡眠時間が短いとなぜ太るのか?

寝ている間は体を動かさないので、できるだけ寝ない方が、カロリーを消費して痩せられるように思えますよね。

たしかにそのときはそうなのですが、何日も同じ状況を続けていると、結果的に痩せにくくなっていくようです。

まずは、その理由から見ていきましょう。

空腹を感じやすくなる!

アメリカの大学などの研究結果によれば、睡眠時間が短い人は、睡眠時間が十分に取れている人に比べて、「グレリン」というホルモンの量が多く、「レプチン」というホルモンが少ないそうです。

グレリンは食欲がわくホルモンで、レプチンは食欲を抑えるホルモンです。

つまり、睡眠時間が短い人は、お腹が空きやすいということですね!

長時間起きているともちろんエネルギーは消費できるのですが、体はそのぶんのエネルギーを摂取しようとしてしまうのです。

結果、睡眠時間が短い人は、たくさん食べてしまうことになり、太りやすくなるのです。

間食や夜食が我慢できなという人は、まず睡眠時間を見直しましょう。

毎日5時間くらいしか寝ていないという人は、睡眠不足が原因でダイエットに失敗し続けているのかもしれません。

疲れて活動量が減るので結局太ってしまう!

睡眠時間が足りないと、次の日になっても体力が回復しません。そうなると、必然的に翌日の運動量は減りますよね。

1日目、頑張って睡眠時間を削ってエネルギーを消費しても、2日目はその疲れが出てしまい運動量が減るので、エネルギー消費量も減ってしまいます。3日目以降はさらに疲れて、もっと動かないので…と、どんどん悪循環にはまっていきます。

それでも、空腹は感じるのでご飯はたくさん食べてしまいます。

結果、太ってしまうのです。これも、睡眠時間が短い人が太りやすい理由とされています。

新陳代謝も落ちてしまう!

人は、特に運動をしなくても、生きているだけである程度のカロリーを消費しています。こういう消費を、基礎代謝と呼びますよね。

睡眠中には、成長ホルモンが分泌されます。これが出ていると、新陳代謝がうまく行われるようになり、基礎代謝量もアップするそうです。

しかし、成長ホルモンが分泌されないと、新陳代謝が減ってしまい、基礎代謝量も減ってしまいます。

何もしなくても消費できるはずのカロリーが、睡眠不足のせいで消費されなくなってしまうのです。

また、成長ホルモンは脂肪を分解したり、筋肉を修復したりといった働きもあるそうです。

成長ホルモンが出ているかいないかで、ダイエットの成功率はかなり変わりそうですね。

スポンサーリンク

太らない体を作るにはどんな睡眠をとれば良い?

睡眠不足がダイエットの天敵であることはわかったと思います。

ただ、寝すぎてもまた、太りやすくなるという報告があります。

最適な睡眠時間は、78時間であると言われていますが、人によって差もあるそうなので、5時間以上8時間以下の間くらいで、自分に合った時間を見つけるのが良いとのこと。

睡眠時間が体に合っていないと、寝る前に食欲が出てしまうようです。

夜、自分に適した時間ぶんだけ、きっちり眠るということが重要ということですね。

なお、成長ホルモンの分泌に関しては、睡眠に入ってから最初の3時間で、深く眠ることが重要と言われています。

起きたり寝たりを繰り返していると、ダイエットに効果的な睡眠はとれないということですね。

睡眠をしっかりとるにはどうしたら良い?

夜、きちんと眠るためには、お風呂に入る時間や食事をとる時間を工夫すると良いとされています。

お風呂は寝る1時間半前、食事は23時間前に済ませるのが理想とのこと。

お風呂に入ると体温が上がりますよね。そのあと、体温はゆっくり下がっていき、1時間半くらいで、元よりも低くなると言われています。

体温が下がった状態だと、人はすんなり睡眠に入れるそうです。

また、お腹いっぱいの状態だと、なかなか寝付けないとも言われています。

ダイエットという点から見ても、寝る直前にご飯は食べない方が良いですよね。

スポンサーリンク

睡眠時間をきちんと確保して太りにくい体を作ろう!

睡眠時間を削ると空腹感を感じやすくなる、というのは、生活していてもなんとなく感じられることですよね。

しかしそこで、空腹を我慢して食べないでいると、体調は確実に悪くなっていきます。

具合が悪くなってしまっては、ダイエットどころではなくなってしまいます。健康的に痩せるには、しっかりとした休息が欠かせないということですね。

睡眠をしっかりとって、元気にダイエットにはげみましょう!

生活
スポンサーリンク
ats blog

コメント