Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

子供の理想的な睡眠時間は?年齢別睡眠時間の理想と現実は?

生活

睡眠時間が短いと体に良くないというのは、多くの人が経験上わかっていることだと思います。

一方で、寝すぎるのも良くないと聞きますよね。

では、何時間くらい寝るのが正しいのでしょうか。

ここでは、年齢別の理想的な睡眠時間について紹介します。

寝てもなんだか疲れが取れないという人は、自分の睡眠時間が適しているかどうかチェックしてみてくださいね!

スポンサーリンク

年齢ごとの理想的な睡眠時間

理想的な睡眠時間は、幼い子どもほど長く、年齢を重ねるほど短くなっていきます。

18歳を超えるとだいたい同じになりますが、年齢ごとに細かく変わっていくという説もあります。

1歳未満の子どもは17時間くらい寝ることも!

生まれたばかりの子どもは、常に寝ているイメージがありますよね。

特に新生児の頃は、17時間も寝ているとか。授乳中以外はだいたい寝ていることになります。

3か月以降はだんだん短くなっていきますが、それでもだいたい15時間くらいは寝ています。

1歳~5歳は1114時間くらい

12歳の子どもは1114時間くらいが最適な睡眠時間と言われています。

この頃になると、夜まとめて寝ることができるようになります。夜の睡眠時間が足りない場合は、昼寝などで睡眠時間を補うことが大切です。

3歳くらいになると少し短くなります。だんだん、昼寝をしなくてもいられるようになっていきます。

6歳~13歳は913時間

小学生でも、9時間以上は睡眠時間を確保することが推奨されています。朝、6時に起きる子どもは、夜9時までには寝かせた方が良いということです。

低学年のうちはそれほど問題なく寝られると思いますが、高学年になるにつれ、夜ふかしする子どもも増えていきます。

受験のために夜遅くまで勉強する子どもも多いようですが、睡眠時間が短いと集中力が低下し、効率的な勉強はできません。

もちろん、テレビやゲーム等の娯楽での夜ふかしも、体に良くありません。

健やかな成長を促進するためにも、睡眠時間はきちんととらせるようにしましょう。

1417歳は810時間

中高生になると、少し短くなっていきますが、それでも810時間は必要と言われています。

6時に起きるなら、10時までには寝ていたいところですね。

このくらいの年齢になると、スマホなどを使っているうちに、気づいたら日付が変わっていたというようなこともあるかもしれません。親が寝なさいと言っても、なかなか言うことも聞かなくなりますよね。

しかし、体はまだ成長途中です。勉強も忙しくなるとは思いますが、その効率を上げるには睡眠時間はきちんと確保した方が良いです。

あまり夜ふかししすぎないように注意したいですね。

18歳~64歳は79時間

大人になると、睡眠時間は短くなります。しかしそれでも、だいたいの世代において7時間は確保するようにと言われています。

6時起きなら、夜11時までには就寝すべきということです。

仕事が忙しく、そんなに時間がとれないという人もいると思いますが、健康を害してまで働くのはおすすめできません。

休日に寝だめするから大丈夫と思っている人もいるかもしれませんが、その効果は一時的なものです。

休日、昼過ぎまで寝ていると体内時計が狂ってしまい、翌日さらに辛くなってしまいます。

仕事の効率を上げるためにも、しっかりとした睡眠をとりたいですね!

65歳以上は78時間

65歳以上になると、推奨されるのはだいたい7時間程度と言われています。

また、最初に紹介したとおり、推奨される睡眠時間は、18歳を超えると年齢ごとに短くなっていくという説もあります。

年齢を重ねるごとに短くなっていくというのは意外ですね。

お年寄りは長時間寝ているようにも思えますが、じつは睡眠が浅く、ちょくちょく目覚めているそうです。それほど長く寝ているわけではないのですね。

スポンサーリンク

実際の睡眠時間

では、実際の睡眠時間はどうでしょうか。

小学生の睡眠時間を調査したところ、8時間以上が最も多いですが、なかには5時間未満という子どももいるそうです。

また、多くの親が、子どもが睡眠不足だと感じているそうです。親が子どもの時間管理を手伝ってあげて、しっかり睡眠をとれるように指導してあげたいですね。

大人の睡眠時間の平均は、平日が7時間半で、土日が8時間以上だそうです。

意外と皆、推奨される時間ぶんだけ眠れているようですね。しかし、日本の実態とは少し異なるような気がします。

これは平均なので、きっちり眠れている人、多めに寝ている人がいる一方で、睡眠時間が足りていない人もたくさんいるのでしょう。

また、全体的に男性よりも女性の方が睡眠時間は短いという調査もあります。

スポンサーリンク

自分の年齢にあった睡眠時間を確保して健康的に過ごそう!

毎日忙しく過ごしている人にとって、夜、67時間も寝るのは難しいことかもしれません。

しかし、健康的に長生きするためには、しっかりとした睡眠は欠かせないものです。体が回復しなければ、翌日の仕事にも勉強にも支障が出てしまいます。

なお、ここで紹介したのはあくまで一般的な推奨時間であり、人によって適した睡眠時間は異なります。

体調が特に悪くないのであれば、それより短くても長くても問題ないです。自分にピッタリ合った睡眠時間を見つけてくださいね!

生活
スポンサーリンク
ats blog

コメント