Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

消費税が10%に!軽減税率の対象品目やメリット・デメリットは?

生活

2019年10月1日から始まる消費税10%。それに伴いスタートする「軽減税率制度」がいたるところで話題になっています。

しかし内容が複雑で、結局のところどんな制度なのかわかりにくいですよね。

ここでは、軽減税率制度の目的や対象品目、メリット・デメリットや難しい線引きについて詳しく紹介します。

消費税が上がっても、今までと同じように買い物できるしくみなので、しっかり理解してお得に利用しましょう!

スポンサーリンク

消費税の軽減税率制度とは?

「軽減税率制度」とは、消費税が上がっても、一部の商品を今までの8%に据え置く制度です。

対象品目についてはあとで詳しく紹介しますが、食品や新聞など、日常に欠かせない商品が該当します。

スーパーやデパートには、消費税が10%の商品と8%の商品が混在することになるので、今までよりも買い物が複雑になりそうですね。

とはいえ、安いに越したことはないので、8%に据え置かれる品目をしっかり押さえて、賢く買い物を楽しみましょう!

スポンサーリンク

軽減税率はいつからいつまで?

軽減税率制度は、消費税が10%になる2019年10月1日からスタートする予定です。

ただ、終了する日については、今のところ明言されていません。

しかしずっと続くとも言われていないので、消費税10%に国民が慣れてきた頃に、パタッと終わる可能性もあります。

スポンサーリンク

対象品目は?

軽減税率制度が適用される品目は、食品と新聞です。

新聞
週2回以上発行されるもので、定期購読契約をしているものに限られます。コンビニなどで今日のぶんだけ購入する場合には、適用されないということですね。

ちなみに、普通の新聞に限らず、スポーツ新聞や英字新聞も対象に含まれるようです。定期購読契約さえしていれば大丈夫です。

食品
酒類や医薬品、医薬部外品は除く、また外食は除くとされています。それ以外の食品に対して、軽減税率が適用されるそうです。

軽減税率が適用される食品とは、具体的には「加工食品/生鮮食品/添加物/一体資産」とのことです。
加工食品・・・チーズやバターなどの食品のほか、漬物や冷凍食品、香辛料、お菓子なども含まれます。
一体資産・・・お菓子におもちゃがおまけとして付いているような商品を指します。これに軽減税率が適用されるかどうかには一定の条件がありますが、おそらく10月1日以降、スーパーのお菓子コーナーで売られているような品は、すべてこの条件をクリアしてくるでしょう。

そうなると、食べ物であればだいたいのものは軽減税率の適用内ということになりますね。

また、食品とは人が食べるものに限定されるので、ペットフードは適用外です。

意外と混乱しそうなのが、軽減税率が適用されない「外食」の定義です。
外食とはあくまでお店で食べるサービスを指すので、テイクアウトや宅配、出前は軽減税率が適用されるそうです。
ファストフード店では、「店内でお召し上がり」を選択した場合は外食なので10%、「お持ち帰り」を選択した場合は8%ということになります。

このあたりの線引きはとても難しそうです。しばらくの間、混乱が続きそうですね…。

スポンサーリンク

軽減税率の目的

消費税は、日本国内で買い物をする人全員に、等しくかけられる税金です。

所得に関係なくかけられてしまうので、生活が困窮している人にとっては、かなりの打撃になってしまいます。

そこで、日常に必須の商品に限り、税金を据え置いて、生活が困窮している人や子育て世代などを救済しようというのがそもそもの目的だそうです。

スポンサーリンク

軽減税率が導入されることのメリットとデメリットは?

軽減税率が始まると、結局のところどんな良いこと・悪いことが起きるでしょうか。まとめて見ていきます。

メリット

消費者側から見たメリットは、なんといっても「食料品が安く買えること」です。

まあ今までと変わらないだけで、別に安くなるわけではないのですが、他よりも税率が低いのはありがたいですよね。

お菓子や水なども軽減税率に含まれるので、育ち盛りの子どもを抱える家庭は助かると思います。

また、これを機に外食の回数を減らしたり、酒を飲む機会を減らしたりということもあるでしょう。そうなると、健康にも良さそうですね!

政府側からしても、商品ごとの税率を変動させやすいというメリットがあるそうです。

デメリット

軽減税率のデメリットには、以下の4つの点が挙げられます。

1.線引きが複雑

一般消費者にとって一番の問題はこれでしょう。

特に、外食とテイクアウトなどの差が難しいです。

たとえばさまざまなお店が入っており、食べていくか持って帰るかが店ごとに選べるフードコート等では、混乱が起きることが予想されます。

ラーメン屋やうどん屋であれば、基本的にその場で食べるので外食扱いですよね。でも、フードコート内にはファストフード店も入っています。ドリンクショップ等もありますよね!

こういったお店では、購入時にテイクアウトが店内飲食かを選びますが、そこで「テイクアウト」を選ぶと、上でも紹介したとおり消費税率は8%になります。

でも、やっぱり気が変わって、店内で食べることにした場合、どうなるのでしょうか。

追加でお金を取られることはまずないです。店からすると、消費税8%で購入されても、10%で購入されても、特に損得はないからです。どっちみち、消費税分はあとで国に納めなくてはならないですからね!

でも、店内で食べないと言ったのに、スペースを専有されると困るという問題はあるでしょう。そのため、「すみません、お客様…」と注意される可能性はあります。

また、素直に「店内で食べます」といって、10%払った人が、あとから文句を言ってくることも考えられます。

コンビニのイートインスペースや、デパート等の休憩所でも、同じような問題が起きそうですね。この辺の混乱をどうするかが問題です。

2.店側の負担が増加する

食品専門のスーパーでない限り、基本的にどこの店でも、ティッシュペーパーや簡単な調理器具、ゴミ袋等は売っていますよね。

こういったものと、食品とでは税率が変わるので、店ではかなり面倒な手間が必要になります。

まず、値札を貼るのが大変ですよね。当面は、すべて税別表示になるかもしれません。

会計も手間です。大手スーパーならレジが勝手に判断してくれるので大丈夫だと思いますが、未だに商品を見ながらレジを売っているようなお店では、苦労しそうです。

3.税収が下がる

国民の誰もが購入する食品の税率を上げないわけなので、もちろんそのぶんの税収は下がります。

しかし、今の日本の景気を考えると、とりあえず軽減税率を導入しておかないと国民への負担は大きくなってしまうので、これは仕方ないですね。

4結局のところ金持ちが得をする

目的のところで、軽減税率制度は所得が低い人を救済するための制度と紹介しました。

しかし当然のことですが、お金がある人はそれだけ食費にもお金をかけています。「高級スーパーでしか食品は買わないので、一ヶ月の食費は20万円くらいかかっています」という人であっても、軽減税率の恩恵は受けます。

たとえば月の食費が3万円の人は、消費税10%だったら3万3000円かかるところが、軽減税率のおかげで、3万2400円で済みます。600円得をしました。

 でも、月の食費が20万の人は、本来22万のところが21万6000円で済んで、4000円も得をするのです。

やはり何か、腑に落ちない感じはありますよね。

スポンサーリンク

小売店の対応は?

デメリットでも紹介しましたが、軽減税率はとかくお店側の負担が大きいです。特に大変なのは以下の点です。

商品の税率の確認

9月30日までは全商品8%なのに、10月1日からはバラバラになるのです。今のうちから、お店はこれにどうやって対応するか、考えておかねばなりません。

まず、従業員がそれぞれ、何がいくらなのかきちんと理解する必要があります。お客さんにいきなり聞かれても、ちゃんと明確に答えられるように、教育することが必要です。

商品の価格変更

商品の値札をどうするのかというのも大きな問題です。

今、スーパーでは税込金額のみ表示している店と、税抜きと税込みの金額を併記している店があります。

どちらにしても、10月1日から、食品以外の商品がすべて10%になるわけなので、これらの価格表示を変更する必要があります

バーコード等も、すべて貼り替えなくてはいけないですよね。

その作業を、すべて9月30日の閉店後から、10月1日の開店までの間にやるわけです…大変な作業ですね。

軽減税率対応レジの新規導入

会計をスムーズに済ませるためには、レジのバージョンアップが欠かせません。

お店で今使用しているレジが、「商品ごとに税率が違う」ということに対応できるのかを、まず確認する必要があります

対応できない場合は、新しいレジを導入しなくてはならないですね。

ただ、軽減税率制度に伴うレジの買い替えに関しては、政府から補助金が出ます。原則として費用の3/4、一台につき20万円までもらえるそうです。

いずれにしても、準備に時間がかかることが考えられるので、早めに作業を開始したいですね。

>>【まとめ】消費税が10%に増税!軽減税率やポイント還元はどうなる?

スポンサーリンク

まとめ

軽減税率制度のおかげで、私達の生活はしばらくのところ、そこまで苦しくなることはないでしょう。

ただ、食品と新聞にしか適用されないので、服や日用品は今までよりも高くなるという点に注意が必要です。

また、スーパーで買い物をするとき、全部でいくらくらいかかるか、ざっくり暗算しながら商品を選ぶ人は多いと思いますが、この暗算はかなり面倒になるでしょう。

慣れるまで苦労しそうですが、それでも安く済むのは良いことです。軽減税率制度とうまく付き合っていきたいですね!

生活
スポンサーリンク
ats blog

コメント