Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

消費税10%で経過措置対象は?住宅購入や電車のICチャージは?

生活

消費税が、2019年10月1日から10%に増税されます。

ただ、「軽減税率制度」が適用される食品等は、増税後も8%の消費税で購入できることになっています。この言葉は、ニュース等でもたびたび耳にしますよね!

しかしじつは、他にもいくつか8%のまま利用できるものがあるのです。

ここでは、そんな商品に対する規定を定めた「経過措置」について紹介します。

聞き慣れない言葉なので難しそうに思えますが、それほど複雑なことではありません。

この制度が関係してくるのは、「10月1日以降に受けるサービス等の料金を、10月1日より前に支払っている人」です。

ここでは、住宅購入や電車のICチャージや結婚式、映画館の前売りや遊園地の入場券などが、どのような場合に経過措置の対象になるかを解説していきます。

ここでしっかり確認して、損しないようにしてくださいね!

スポンサーリンク

消費税の経過措置とは?

あまり聞き慣れない、「経過措置」とはどういった制度なのでしょうか?

簡単に言うと次の通りです。

実際にサービスや権利を利用する日が10月1日以降(消費税10%になってから)であっても、支払いを行った日が9月30日以前(消費税8%の期間)であれば、消費税は8%のままという制度です。

あまりピンとこないですよね?次に具体的な例を出して説明していきます。

Q. 遊園地の入場券の前売り券(入場日指定の券)で、10月1日以降に入場する指定日券を、9月30日までに購入しました。
消費税は8%になるのでしょうか、それとも10
%になるのでしょうか?

A. 8%です(差額の2%をあとから徴収される、というようなことはありません)

そうなると、あらかじめ行くことがわかっているチケット等は、9月30日までに購入しておいた方がお得だということになりますよね!

ただ、予約購入できるすべての商品について、この措置が適用されるわけではありません。また、適用される期間も細かく決められています。

そのあたりについては下で詳しく紹介するので、自分が使いたいサービスや商品がその中に含まれるのか、きちんと確認してくださいね!

スポンサーリンク

経過措置が適用される取引は?

経過措置が適用されるのは、以下の取引です。

・旅客運賃など(映画・演劇を催す場所、競馬場、競輪場、美術館、遊園地等を含む)
電気料金など(ガス、水道、電話、灯油を含む)
・請負工事など(測量、設計及びソフトウェアの開発等を含む)
・資産の貸付け
・指定役務の提供
・予約販売に係る書籍など
・特定新聞
通信販売による取引
有料老人ホーム
・家電リサイクル法に規定する再商品化など

旅客運賃や前売りチケットのほか、光熱費、書籍等の定期購読、月額料金で支払っている新聞などは、利用する人も多いですよね。

これらはお金を先に払っておけば、受け取る日が10月1日以降であっても、8%の料金のままということです。

上の内容からいくつかピックアップして説明していきます。

電気料金などの光熱費・・・9月に使ったぶんまでは、10月以降に支払うとしても消費税8%が適用されます。後払いなので、当然ですよね。

通信販売による取引・・・2019年4月1日より前に価格を発表した商品で、9月30日までにお金を払ったものであれば、8%が適用されるとのこと。
いつ価格を発表したかが問題になるようなので、ちょっと注意した方が良さそうですね。

有料老人ホーム・・・9月30日より前に入居した際、入居一時金として介護料金を支払っているなら、それについて途中から差額を請求されることはない、という規定のようです。

ここからは、私達に関係が深そうで、特に注意が必要な個別のケースについて紹介します。

住宅購入

こちらの場合、すでに建築済みの住宅を購入するか、注文住宅等の工事を依頼するかによって事情が変わってきます。

建築済みの住宅を購入する場合

経過措置は適用されません。引き渡しが9月30日までであれば消費税は8%、10月1日以降だと10%ということです。

建売住宅、中古住宅を購入しようと考えている人は、早く決めた方が良いですね。1000万単位の買い物なので、2%変わるだけで支払額は大きく変わります。

注文住宅等の場合

工事の発注が2019年4月1日より前であれば、10月1日以降に完成した場合でも、消費税率は8%です。

3月までに発注したものは、建築に時間がかかって引き渡しが10月を過ぎたとしても、追加の税金は取られないということですね!

ただ、2019年4月1日以降の発注で10月1日以降の完成だと、10%が適用されてしまうとのこと。今から新規で注文住宅を作ろうとしても、そう簡単に8%にはならないということです。

しかし、9月30日までに完成すれば、もちろん消費税は8%のままです。

では、今から家を買う場合に消費税を8%に抑えるには、どうした良いのでしょうか?

 

Q.今から家を買うとして、消費税を8%に抑えるには?

A.次の2つのパターンが考えられます。
・建売や中古住宅を、9月30日までに引き渡しが完了できるように購入する
・新たに建築するなら、なんとしても9月30日までに完成させて、引き渡してもらう

家となるとこの期間で完成させることは難しいですが、駐車場やエクステリアの工事や、屋根の修繕などのリフォームならなんとかなりますよね。

もしこういった工事を検討しているなら、早めに発注した方が良さそうです。

結婚式

上でいう、「指定役務の提供」がこれに該当します。指定役務の提供とは、「冠婚葬祭のための施設の提供」ということです。結婚式や葬式の会場費用等も、経過措置に含まれるわけですね!

しかし、こちらも申し込み日について制限が設けられています。

2019年3月31日までに申し込んでいた場合のみ、10月1日以降の挙式であっても消費税8%が適用されます

 もちろん、いつ申し込んだところで、式が9月30日までに行われれば税率は8%で大丈夫です。しかし、10月1日以降に結婚式を挙げる場合は、今から申し込むなら10%で払うしかないというわけです。

ちなみに、経過措置はかなり規定が細かいので、注意が必要です。

Q.10月1日以降の式を、増税を見越して3月31日までに支払っていたとします。
この時点で払ったお金は、経過措置のおかげで8%ですね!

しかし、のちに参列者が増えたり、演出を増やしたりしたら、追加サービス分の消費税は8%になるのでしょうか、それとも10%になるのでしょうか?

A.追加サービスには、10%の消費税がかけられてしまいます!

結婚式は一生に一度のものなので、お金がかかるのは仕方ないですが…このあたりも、じゅうぶん注意したいですね。

まとめると、結婚式の費用にかかる消費税をどうしても8%で抑えたい人は、今からすぐに9月30日までに式を挙げられる会場を探すしかありません

映画館の前売りや遊園地等の入場料金

こちらのお金に関しては、10月1日より前に購入していれば、今から購入しても8です。

旅行代金なども含まれるので、年末に旅行に行くとか、遊園地のクリスマスイベントに行くとか、すでにそういった予定が決まっている人は、可能な限り9月30日までに予約し、お金を払っておきましょう

通常、1ヶ月前くらいにならないと申し込みできないチケットも多いですが、増税が間近に迫ったら、いつもより早めにチケット販売がスタートするということもありそうですね。

ちなみに、追加でサービスを申し込む場合は注意が必要です。

たとえば映画館や演劇などの席をグレードアップするために、追加で料金を払うという場合、追加料金を払うのが10月1日以降だと、そこには10%の消費税がかかってしまいます

グレードアップするなら、9月30日までに済ませておきましょう。

電車の定期券・回数券とICカードのチャージ

上の旅行代金にも関わることですが、電車料金にも経過措置は適用されます。乗車券、定期券、回数券のほか、乗船券や航空券もそこに含まれます。

定期券や回数

10月1日以降に購入するよりは、9月30日までにしておいた方が安く済みます。もちろん、使うのは10月1日以降で構いません。

ICカードのチャージ

いつチャージしたものだろうと、使うのが10月1日以降であれば、10%の消費税がかかります

10月1日以降、電車で遠出するなら、あらかじめ乗車券等を買っておいた方がお得ですね!

スポンサーリンク

過去の消費税引き上げ時の経過措置は?

2014年4月、消費税が5%から8%に上げられたときも、経過措置がとられました。

このときも、2013年10月以前に申し込んでいた多くのサービスが、5%で利用できました。

お金を払って、すぐに商品が手に入る場合は良いのですが、そうでない場合はこういった措置がないと市場は混乱しますよね。

今回も、この経過措置をうまく利用して、賢く得をしたいですね!

>>【まとめ】消費税が10%に増税!軽減税率やポイント還元はどうなる?

スポンサーリンク

まとめ

こうして見てみると、経過措置はありがたいサービスのように見えて、高額な支払いが発生するものほど、すでに手遅れになっていることがわかりますね。

しかし、レジャーのチケットや旅費は今からでも間に合います!

夏を目前にしたこの時期に、そんな先のことはなかなか決められないとは思いますが、秋冬にどこか遊びに行こうと考えている人は、早めに計画を立てましょう!

9月30日までの時間を有意義に使うことで、増税後も支払いを抑えることができますよ!

生活
スポンサーリンク
ats blog

コメント