Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

本当に知ってる?賞味期限と消費期限の違い|英語表記は?

話題

日本の食品には必ず賞味期限や消費期限が表記されています。

そもそも、賞味期限と消費期限の違いって知ってますか?

この2つの違いは以下の通りです。

・賞味期限:おいしく食べることが出来る期限
・消費期限:安全に食べられる期限

意外に知らない人も多いんじゃないかと思います。

でも、日本だけじゃなく海外にも賞味期限や消費期限ってあるんですかね?

そこで、この記事では次の内容を紹介します。

・賞味期限と消費期限の違い
・賞味期限と消費期限の違いの英語表記
・賞味期限と消費期限の違いの確認は日付けの読み方に注意

例えば、海外のお土産を買う時やもらった時に、英語表記でこの賞味期限や消費期限を知ってるのと知らないのとでは大きく差が出ちゃいますよ!

スポンサーリンク

賞味期限と消費期限の違いは、おいしく食べることが出来る期限か安全に食べられる期限の違い

まずは賞味期限と消費期限の違いについて確認しておきましょう。

賞味期限とは

農林水産省では賞味期限をおいしく食べることが出来る期限としています。

この期限が守られる条件としては、袋や容器を開封せずに正しい保存方法で保存されている場合に限ります。

表記をよく見ると「開封後はお早めにお召し上がり下さい」と書かれたものが多いです

この場合は賞味期限が数か月先だったとしても、開封した時点で記載の賞味期限ではなくなってしまいます。

数日以内で食べていただくのが好ましいでしょう。

消費期限とは

こちらは安全に食べられる期限です。

この期限が守られる条件としては、同じく袋や容器を開封せずに正しい保存方法で保存されている場合に限ります。

傷みやすい食べ物に表記されていることが多いので、日付以内に必ず食べていただくことと、開封後は速やかにお召し上がり下さい

万が一期限が過ぎた場合は、食中毒を引き起こす危険性がありますのでご注意下さい。

賞味期限は期限切れでも美味しさが失われるだけで、ある程度の日数であれば危険とまではいきません。

しかし、消費期限となると細菌が発生しているなど恐ろしい状況になっている場合があるので、気を付けなければいけませんね。

スポンサーリンク

賞味期限と消費期限の違いの英語表記は?

よく見ると日付の横の表記が略称で書かれているものが多いです。

何の略なのかも含めて簡単にまとめてみました。

賞味期限

・best by ⇒ 表記「BEST BY 日付」
・best if used by ⇒ 表記「BEST IF USED BY 日付」
・best before ⇒ 表記「BEST BEFORE 日付」・「BEST BFR() 日付」・「BB() 日付」

消費期限

・expiration表記「EXP() 日付」
・use by 表記「USE BYY 日付」
・expiry 表記「ESPIRY 日付」・「EXP() 日付」

製造日

・manufacturing 表記「MFG() 日付」
・production 表記「PROD() 日付」・「PD() 日付」

推奨販売期限

こちらは販売者に向けて表記されている期限です。

この日までに売って下さいという意味です。

消費期限と同じような意味として考えて良いでしょう。

・sell by表記「SELL BY 日付」

日本では賞味期限は「賞味期限」だけですが、英語表記ですと色々な種類があることがわかりました。

英語と言っても、アメリカ英語やイギリス英語でニュアンスが違うものもあります。

何が表記されているのか覚えるのも大変ですね。

スポンサーリンク

賞味期限と消費期限の違いの確認は日付けの読み方に注意

今、お話ししたように、賞味期限や消費期限の英語表記には、アメリカ英語とイギリス英語があります。

この2種類の英語表記の大きな違いは、日付の読み方です。

・日本:「年/月/日」
・アメリカ:「月/日/年」
・イギリス:「日/月/年」
このように、アメリカとイギリスでは月と日が逆のため、分かりづらくなります。
間違えやすい例を以下の通りです。
2019年12月25日
・アメリカ「12/25/2019
・イギリス「25/12/2019
この場合は、なんとなく1225日であるとわかります。

2019年12月25日
・アメリカ「3/2/2019
・イギリス「2/3/2019
となり、一見2月なのか3月なのかわからなくなります。

誤って読んでしまうと1ヶ月も間違うことになってしまいます。

この日付の順番は、間違えないように覚えておきましょう。

スポンサーリンク

賞味期限と消費期限の違い まとめ

いかがでしたでしょうか?

・賞味期限:おいしく食べることが出来る期限
・消費期限:安全に食べられる期限

という事が分かりました。

また、英語に慣れていないという方は、1度この記事を読んだだけでは、すぐに覚えることが難しいと思います。

まずは、今回お伝えした表記を一つ一つ覚えてみて下さい。

後は、実際に商品についている英語表記を何度も見ていくうちに慣れていきます。

そして、この英語表記さえ覚えてしまえば、コンドミニアムで料理をしようという時に、安全な食品を使うことが出来ます。

今後、英語表記を見つけた際には何が書かれているのか、是非、確認してみて下さい。

話題
スポンサーリンク
ats blog

コメント