Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

マスクドランナーの正体は?浦野雄平が有力!【炎の体育会TV】

テレビ

2019年8月10日に放送される、炎の体育会TVでマスクドランナーのコーナーがあります。

番組HPによりますと、21代目マスクドランナーは「今年の“箱根駅伝”で最もインパクトを与えた選手」と書いてあります。

この告知内容でマスクドランナーの正体を調べたところ、“平成最後の山の神”と言われている
國學院大學の浦野雄平選手ではないかという事で、その理由と浦野雄平選手のプロフィールや経歴などを解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

マスクドランナーの正体は?

國學院大學の浦野雄平選手をマスクドランナーの正体に上げた理由をあげていきます。

炎の体育会TVのHPを見てみると、

今年の“箱根駅伝”で最もインパクトを与えた選手、箱根駅伝区間新マスクが800m激坂を爆走!

 とあります。

番組紹介の内容から予想

激坂を爆走!とあるので、上り坂を走ることが予想されます。

箱根駅伝で上り坂と言えば、第5区のコースが有名です。

第5区は毎年注目を集めているコースとなっており、第5区を走った選手がマスクドランナーではないかと予想できます

今年の箱根駅伝区間新記録を出した選手から予想

今年の箱根駅伝で区間新記録を出した選手は5人いました。

3区:森田 歩希(青山学院大学)
4区:相澤 晃(東洋大学)
5区:浦野 雄平(國學院大學)
6区:小野田 勇次(青山学院大学)
8区:小松 陽平(東海大学)

6区新記録の小野田勇次さんは、7月6日放送でマスクドランナーとして出演していますので、2回目はないと予想できます。

画像から予想

事前に公開されている画像はこの画像しかありません。

次に、区間新記録を出したうち最も有力な、國學院大學の浦野雄平選手の写真を見てみましょう。

2枚の写真を比べると、体格がかなり似ていることが分かります。

以上の検証から、21代目マスクドランナーは國學院大學の浦野雄平選手ではないかと予想できます。

スポンサードリンク

浦野雄平さんのプロフィール

名前:浦野雄平(うらの・ゆうへい) 
生年月日:1997年11月 1日
身長:167cm
体重:52Kg
出身地:富山県氷見市
学歴:國學院大學経済学部

自己ベスト(2019年8月現在)
5000m:13分45秒94
10000m:28分25秒45
ハーフマラソン:1時間02分02秒

上にも書きましたが、浦野雄平選手は箱根駅伝で5区(20.8km)で、1時間10分54秒という区間新で現在記録保持者となっています。

5区は上りが特徴的なコースとなっており、この区間は上り坂が多いため、この区間で活躍した選手は「山の神」と呼ばれ話題になっています。

スポンサードリンク

彼女や理想の彼女のタイプは?

浦野雄平選手に彼女はいるのでしょうか?

残念ながら、彼女の情報を見つけることはできませんでしたは、理想のタイプは判明しました。

乃木坂46の白石麻衣さんです。

箱根駅伝に出場した選手の理想のタイプ一覧を載せておきます。

スポンサードリンク

まとめ

以上、21代目マスクドランナーではないかと予想される、浦野雄平選手についてまとめてみました。

毎回、様々なアスリートが登場する「炎の体育会TV」ですが、マスクマンを予想してみるのも楽しいですね。

大学を卒業し、社会人になっても活躍することを楽しみにしています。

スポンサードリンク

コメント