Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【阪神】開幕スタメン・先発ローテ予想【2020年最新】

スポーツ

2020年もプロ野球開幕が近づいてきました!

今年はコロナウイルスの影響もあり、オープン戦は全試合無観客試合になってしまいました。

球場で応援したいファンとしては、少し寂しいけど仕方がないですね。現時点では、開幕戦がいつになるかは決まっていませんが、プロ野球ファンとしては早く開幕してもらいたいと思っています。

そこで、気になるのが各球団の今年の戦力ではないでしょうか?

この記事では2020年の阪神タイガースの戦力分析してみました。

阪神は2019年は3位でクライマックスシリーズ進出を果たしましたが、惜しくもファイナルステージで巨人に敗れました。

雪辱に燃える今年の戦力はどうなっているのでしょう? 気になる2020年の新戦力、野手や投手の顔ぶれ、開幕スタメンや先発ローテーションを予想しました。

ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

阪神タイガース2019年の成績は?

・ペナントレース→セントラルリーグ3位
・69勝68敗 勝率.504
・クライマックスシリーズ→敗退

金本監督から矢野監督に交代し、オリックスの主力・西をFAで補強、さらに中日からガルシアを獲得し始まったペナントレース。

FAで獲得した西は期待通りの活躍をしながらも、ガルシアの成績が停滞するなど先発ローテーションはなかなか固まらない1年でした。

しかし、新外国人として獲得したジョンソンやドリスを中心としたブルペン陣が盤石の体制でブルペン陣については12球団でもNo.1と呼べる活躍でチームを牽引しました。

一方で野手陣は近本・木浪のキナチカコンビがルーキーは思えない活躍で1・2番を固めることもできましたが、2018年からの慢性的な得点力不足、糸井や福留といったベテラン便りの構図は解消されず、シーズンを通して波に乗り切れなかった最大の要因と言えます。

またチーム失策数が102と12球団最下位であったことも優勝争いに加われなかった要因の1つであったという印象です。

シーズン最終盤に42回連続無失点で滑り込みでのクライマックスシリーズ進出を果たしたようにブルペン陣の活躍がとにかく光った印象の一年間でした。

スポンサーリンク

阪神タイガース2020年戦力分析

昨年Aクラス入りの最大の要因であった鉄壁のブルペン陣のドリス/ジョンソン両外国人の放出が最大の誤算でここを埋められるかが最大の焦点になります。

ただしブルペンの補強に関してはエドワーズ/スアレスの補強のみという印象で既存戦力である岩崎/守屋/藤川/能見/島本を中心にカバーしていく想定だと思いますが、さらなる新戦力の台頭は必要不可欠かと思います。

野手陣についてはボーア/サンズ両外国人の補強のみで未知数な部分が多いです。

4番に入るであろうボーア選手についてはホームランか三振かというタイプで、上手くはまると大きな戦力になると思いますが、過度な期待は禁物という印象です。

投手陣と同じく野手においても既存戦力の台頭、特に近本/木浪/大山のさらなる成績向上は優勝争いをしていく中で必要不可欠かと思います。

スポンサーリンク

阪神タイガース2020年戦力分析 新戦力

<IN>
・ボーア内野手
・サンズ外野手
・ガンケル投手
・スアレス投手
・エドワーズ投手
・中田投手
<OUT>
・メッセンジャー投手
・鳥谷内野手
・高橋聡投手
・岡本投手
・歳内投手
・小宮山捕手
・山崎内野手
・森越内野手
・横田外野手
・ドリス投手
・ジョンソン投手
・ナバーロ内野手
・ソラーテ内野手
※育成選手除く

外国人選手に関しては先述の通り、始まってみないとわからない部分も多いのが正直なところで、なおかつ外国人を8人備える体制なのでモチベーション管理も含め上手く使っていくことができるかが大きな焦点になると思います。

また、メッセンジャーや鳥谷といった長年阪神を支えてきた選手が退団ということで、チーム内での精神的支柱を誰が担うのかというポイントも要注目で、ここに福留/糸井/藤川といったベテランの選手ではなく、梅野や大山といった若手の選手が名乗りを上げてくると面白いと思います。

スポンサーリンク

阪神タイガース2020年戦力分析 野手

外国人の選手の補強が中心であり、外国人枠の問題もあるので2019年からの大きな成績向上は難しいという印象です。既存戦力の底上げが大きなカギを握ると思います。

注目ポイントは下記3点です。

①4番バッターの固定(ボーア/大山)

開幕時はボーアが担うと思いますが、日本野球の対応に躓いたときに大山になるかそれともサンズ/マルテといった外国人か、いずれにしても3番/5番を糸井/福留の勝負強いベテランが張ると思われる現状では4番の固定と活躍が大きなカギを握ると思います。

②糸井/福留を脅かす外野手の台頭(高山・伊藤・中谷)

・糸井/福留の休養日にいかに活躍をし、レギュラーを取るかということがポイントです。

この2名の休養日にサンズを使い、外国人枠を1つ使うようなことがあると投手陣にしわ寄せが来るので、記載した3名が中心となってレギュラーを奪取するような活躍が必要です。

③外国人選手のポジション

ボーア/マルテ/サンズの全員がファーストを守ることについてどうするかです。

特にレギュラーが現状確定していそうなボーア選手はファーストか守れないので、他2名についてどう配置するか、投手枠との兼ね合いも含め注目です。

◆関連記事:【セリーグ】攻撃力分析&ランキング【2020最新】

スポンサーリンク

阪神タイガース2020年戦力分析 投手

開幕ローテーション

・◎西
・◎青柳
・〇ガルシア(ガンケル)
・〇高橋
・△浜地

・△望月
・△岩貞
・△才木

・△中田
・△秋山

※赤色:左投手

先発ローテーションの枠は順当にいけば4人は当確。しかしドリス/ジョンソンの抜けたリリーフ陣に不安があるので、ガルシアの中継ぎもしくはスアレス/エドワーズに枠を使う可能性もあります。 その中で先発の注目ポイントは「本格派右腕の台頭」です。

記載の通り現状でローテンション入りが有力視されているのは、西・青柳・高橋・外国人の4枠であると考えられます。

現メンバーを見ると制球派・サイドスロー・左本格派とバラエティには富みますが、明らかに右の本格派が欠けています。

ここで期待されるのが浜地・才木の4年目右腕2人です。

浜地に関しては、九州四天王の一人の太田龍が巨人に入団し、プロの先輩として違いを見せると共に先を越されている山本由伸に続くために重要なシーズンになります。

才木に関しても2019年は怪我に悩まされ、2020年は再起のシーズンになると思います。

2人のうちどちらかが8勝程度勝てると、ローテーションが盤石になると思います。

中継ぎ

・◎ 島本
・◎ 守屋
・◎ 能見
・◎ 岩崎
・〇 エドワーズ (スアレス)
・△ 馬場
・△ 尾仲
・△ 藤浪

※赤色:左投手

+先発ローテ―ション落ち投手がロングリリーフ待機 柱は昨年も活躍した、島本/守屋/能見/岩崎で問題ないと思います。

個人的にはドリス/ジョンソンが抜けたポジションとして藤浪が中継ぎで台頭すれば面白いと思っています。

まだ右バッターのインコースには投げることはできませんが、1イニング全力投球であればアウトコース1本でも十分抑えられる球威と変化球のキレがあるのでセットアッパーとしての活躍を期待します。

抑え

◎藤川

抑えに関しては経験・実績・実力すべての面で藤川投手で間違いないと思います。

シーズン終盤になり、島本や守屋が藤川を脅かす活躍をしていれば配置転換があっても面白いですが、現状は藤川一択だと思います。

◆関連記事:【セリーグ】投手力分析&ランキング【2020最新】

スポンサーリンク

阪神タイガース2020年戦力分析 開幕スタメン予想

打順 選手名 ポジション
1 近本 中堅手
2 大山 二撃手
3 糸井 右翼手
4 ボーア 一塁手
5 福留 左翼手
6 マルテ 三翼手
7 梅野 捕手
8 木浪 遊撃手
9 西 投手


注目は2番セカンド大山です。

本来であればセカンド糸原、2番糸原/木浪が妥当ですがその場合上位打線が左打者が続くということ、かつ大山が三塁に入ると外国人をうまく使えないということで2番セカンド大山を推します

大山に関しては「配球の読みの甘さ」が課題としてありますが、盗塁王近本の後に入ることで速球中心の配球になる、かつ阪神打線最注意人物の糸井の前に入ることでマークが分散する、この2点で配球の選択肢はある程度限られてくると思います。

大山が攻撃的2番として活躍ができれば、打線の厚みが出ると思います。

スポンサーリンク

阪神タイガース2020年戦力分析 総合力

※一番良い評価をAとしています。

総合力 C
打撃力 C
守備力 C
走力 B
投手力 B

◆関連記事:【セリーグ】戦力分析と順位予想【2020年最新】

スポンサーリンク

いつでも阪神タイガースの試合を見たい方へ

『DAZN』なら、テレビ・スマホ・パソコンで、いつでも阪神タイガースの試合を見ることができます。

しかも、野球・サッカー・バスケ・テニスなど130以上のスポーツコンテンツが、年間10,000試合以上見放題!

今なら1ヶ月無料。もちろん無料期間中に退会可能です!

スポーツ
スポンサーリンク
ats blog

コメント