Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【2020年】梅雨入りの時期はいつ?体調不良の原因と対策は?

生活

日本には四季があり、春夏秋冬で四季折々の様々な顔を私たちに見せてくれます。

皆さんには好きな季節がありますか?

もし好きな季節があれば、嫌いな季節もあるのではないでしょうか。

そしてその代表格として挙げられるのが、「梅雨」です。

梅雨に対する日本人の印象は良いとはいえないようで、梅雨と検索するだけで、マイナスの言葉が羅列されていきます。

雨ばかり・ジメジメしている・倦怠感・憂鬱など、梅雨の時期を喜んで受け入れる方はあまりいないようです。

そこで、事前に情報を仕入れておくことで、梅雨の時期も普段通り過ごせるようにしませんか?

この記事では、東北地方、関東地方、東海地方、関西地方、四国地方、九州地方、沖縄の梅雨入りの情報をご紹介します。

また、梅雨時期に体調が不安定になる原因や、体調を整える対策方法もご紹介します。

【冷感敷きパッド】ニトリ・イオン・しまむらの口コミは?おすすめも紹介!

スポンサーリンク

2020年梅雨入り・梅雨明けはいつ?

梅雨は沖縄から北上しながら変化していきます。

平年では5月中旬から6月にかけて梅雨入りし、1ヶ月ほどで梅雨明けとなります

2020年の予想では平年より遅い梅雨入りが予想されています

東北地方

平年の梅雨入りは南部で612日、北部で614日頃。

梅雨明けは南部で725日、北部で728日。

2020年の梅雨入りは平年並みで、南部は612日、北部は614日頃。

梅雨明けは、南部が3日以上早く722日頃、北部は平年並みで728日頃と、予想されています。

関東地方

平年の梅雨入りは68日頃。

梅雨明けは721日頃。

2020年の梅雨入りは3日以上遅く、611日頃。

梅雨明けは3日以上早い、718日頃と予想されています。

東海地方

平年の梅雨入りは68日頃。

梅雨明けは721日頃。

2020年の梅雨入りは3日以上遅く、611日頃。

梅雨明けは3日以上早い、718日頃と予想されています。

関西地方

平年の梅雨入りは67日頃。

梅雨明けは721日頃。

2020年の梅雨入りは3日以上遅く、610日頃。

梅雨明けは3日以上早い、718日頃と予想されています。

四国地方

平年の梅雨入りは65日頃。

梅雨明けは718日頃。

2020年の梅雨入りは3日以上遅く、68日頃。

梅雨明けは平年並みで、718日頃と予想されています。

九州地方

平年の梅雨入りは九州南部で531日、北部で65日頃。

梅雨明けは南部で714日、北部で719日頃。

2020年の梅雨入りは3日以上遅く、南部で62日、北部で68日頃。

梅雨明けは平年並みで、南部は714日、北部は719日頃と予想されています。

沖縄地方

平年の梅雨入りは59日頃。

梅雨明けは623日頃。

2020年の梅雨入りは3日以上遅く、512日頃。

梅雨明けは平年並みで、623日頃と予想されています。

◆関連記事:除湿シートのおすすめは?イオンやニトリの口コミは?

◆関連記事:効果が高い除湿剤の置き場所は?

◆関連記事:重曹の除湿剤の作り方!

スポンサーリンク

梅雨入り・梅雨明けの時期の決め方は?

梅雨の期間に入る「梅雨入り」と期間が終わる「梅雨明け」は、全国に10箇所設置されている地方予報中枢官署から発表されています

1週間程度の天候の予測によって選定しており、年によっては正確な梅雨入り・梅雨明けの期日が設定されない場合もあります。

梅雨の時期は、気象庁が定めている基準によって判断されています。

以下の基準に該当したものを梅雨と判断しています。

1、晴天が2日以上続いた後
2、梅雨前線の影響で前日と本日が雨
3、その後1週間の天気予報が雨または曇り
スポンサーリンク

どうして梅雨の時期は体調が不安定になる?

梅雨の時期はどうしても湿気が多くなります。

人間の体は湿度が高くなりすぎると、つまり水分量が多くなりすぎると、倦怠感や頭痛、胃腸の乱れや関節痛、食欲不振などを引き起こすと言われています

また梅雨の時期は低気圧が続き、こちらも自律神経が乱れやすいと言われています。

日本は湿度が高い国としてよく知られていますが、夏の時期にかけて高温多湿の環境へと変化していきます。

湿度が高いと汗が気化しづらく、体温調整機能が弱くなります。

その結果、体調不良や自律神経の乱れにつながるのです。

スポンサーリンク

梅雨時期の体調を整える対策は?

体調が不安手になる理由は分かりましたが、体調を整えるのはどうしたらよいのでしょうか?

生活リズムを整える

体調を整えるための基礎的な要素として、規則正しい生活が挙げられます。

梅雨の時期のだるさや不快感は、体内時計のズレからくるものです。

そこで「朝は太陽の日差しを浴びる」などをして体内時計にリズムを付けましょう。

適度な運動を心がける

体のだるさを解消するためにも、適度な運動が必要です

梅雨の時期は外での運動はできないことも多いため、

室内でできる運動がおすすめです。

例えば、ヨガは自律神経の解消に効果的で、室内でゆっくりと行えます。

特に自宅でいつでもスマホでできる『フィットネスサービス SOELU(ソエル) 』はおすすめです。

自宅でできるフィットネスサービス SOELU(ソエル)

また人気のボルダリングなど、

少しハードな運動を求める方も室内の競技がおすすめです。

食事を管理する

湿気による不調は胃腸が弱ることで起こるものとされています。

冷たいものや甘いものばかりを摂ることは控えましょう。

そして、湿気を上手く体の外に排出するために、

発汗作用や利尿作用のあるものを選んで、食事に取り入れましょう。

しっかり湯船に浸かる

自律神経の乱れを改善するために、ぬるめのお湯を張った浴槽に浸かることをおすすめします

気温が高くなってくると湯船に浸かることが億劫だったり、

シャワーで済ませてしまう方も多いのでは。

自律神経の高まりを和らげ、リラックスすることができます。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

日本で生活していると、梅雨の時期を過ごすことが当たり前になっています。

毎年この時期に憂鬱になっていた方も多いのでは?

梅雨にパターンがあるように、私たちの体調の変化にもパターンがあります。

ここでご紹介した以外にも、様々な機関で梅雨について、私たちの体について情報を得ることができます。

皆さんもより快適な生活を送るために、梅雨について調べてみてはいかがでしょうか。

生活
スポンサーリンク
ats blog

コメント