Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

内山壮真(星稜高校)の出身地や中学は?空手の腕前もすごい?

石川県の星稜高校といえば、甲子園の常連校として皆さんにもおなじみだと思います。

強豪校ですのでOBにもプロ野球選手として活躍している選手がたくさんいますが、中でも一番有名なのは巨人やメジャーリーグなどで活躍した松井秀喜選手でしょうか。

記憶に新しい所だと昨年甲子園を沸かせて今季プロ入りした奥川恭伸投手(東京ヤクルト)や山瀬慎之助(巨人)のバッテリーも印象深いですね。

・星稜高校・内山壮真のプロフィール
・星稜高校・内山壮真の球歴
・星稜高校・内山壮真の中学時代
・星稜高校・内山壮真の父親は空手日本一?
・星稜高校・内山壮真のプレースタイル

そこで今回は彼らに続く期待の逸材、星稜高校・内山壮真選手について調べてみました!

スポンサーリンク

星稜高校・内山壮真のプロフィール!出身地や出身中学は?

星稜高校・内山壮真のプロフィール

内山壮真(うちやま・そうま)
・2002年(平成14年)6月30日生まれ
・出身地:富山県中新川郡上市町
・身長:172cm
・体重:72kg
・右投げ右打ち
・50m走:6秒3
・遠投:100m
・目標とする選手:古田敦也(東京ヤクルトスワローズ)

星稜高校・内山壮真の球歴

・富山県上市町立宮川小学校(宮川スターズ→滑川東部スポーツ少年団)
・星稜中学校
・星稜高等学校在学中

星稜高校・内山壮真選手は星稜中学校までは軟式野球でプレーしていました。

そのために高校から硬式野球に取り組むことになったために慣れるまで苦労も多かったといいます。

「軟式と違って硬式はボールの跳ね方が違うし、ゴロへの入り方もまったく変わるので、入学直後は苦労しました」。

硬式と軟式ではボールの伸びや重さも全然違うので、正確に送球することひとつとっても習得するまでに時間が掛かったそうです。

中学時代からセンスを評価されていた内山壮真選手でさえ、打球の処理の仕方に戸惑ってトンネルするなんていうことも多かったとか。意外ですね。

スポンサーリンク

星稜高校・内山壮真は中学からすごかった!

上市町宮川小学校から「甲子園で活躍したい」という夢を抱いて星稜中学校に進学した星稜高校・内山壮真選手。

寮がないため電車で片道2時間弱かけて通学したという中学時代には2年生の夏と3年生の春に全日本少年軟式大会で優勝。

個人としてもU15日本代表としてアジア選手権を制覇。ベストナイン(捕手)と本塁打王に輝くなど早くから素質の片鱗を見せていました。

山本省吾投手(現ソフトバンクスカウト)を擁して、星稜高校が夏の甲子園準優勝を果たした1995年のメンバーだった星稜中学校野球部の田中辰治監督。

内山壮真選手に対して「内山(壮真)の野球に対する取り組み方なんて、私も長く中学のほうを見ていますけど、ずば抜けてナンバーワンでしたね」と絶賛していました。

スポンサーリンク

星稜高校・内山壮真の両親がすごい?父は空手日本一?

空手の全国選手権団体で優勝した経験を持つ父の彰博さん。

星稜高校・内山壮真選手は3歳から小学5年生まで指導を受け、県大会優勝に4度輝き、全国大会でもベスト16に入るなど空手でも素晴らしい実績を残しました。

元高校球児でもある彰博さんは息子である星稜高校・内山壮真選手について「壮真は野球も空手も小さい頃から抜群だった」と振り返り「向上心の塊。弱音を吐かず、妥協せず、目標をしっかり持っている」と評価していました。

スポンサーリンク

星稜高校・内山壮真の野球の原点は空手にある?

身長172cm・体重72kgと決して大きくない体から生まれる星稜高校・内山壮真選手のパワーの秘密は空手にありました。

父・彰博さんの影響で小学5年生まで空手道場に通い、体幹の使い方や力の伝え方が身についたといいます。

星稜高校・内山壮真選手は「空手の突きと野球のミートの瞬間の股関節の使い方は同じ」と内山壮真選手自身の野球の原点が空手にあると語っています。

星稜高校・内山壮真選手は空手に取り組むと同時に小学3年生で地元の野球少年団「宮川スターズ」に入り、4年生の途中から母の美佐織さんの父・高山鐡男さんが監督を務める滑川東部スポーツ少年団に入団。

6年生で全国大会に出場するなど活躍しました。

スポンサーリンク

星稜高校・内山壮真のプレースタイルは?

打撃に注目が集まりがちな星稜高校・内山壮真選手ですが、守備面での評価にもとても高いものがあります。

内山壮真選手いわく「遊撃手の方が好きだけど、面白いのは捕手。

バッテリーはずっとボールに関わっている。

試合を動かすことができる」と捕手の魅力を語っています。

星稜中時代に、捕手として全国優勝を経験し、星稜高校では、同じ捕手で巨人にドラフト5位指名された山瀬慎之助捕手が1年先輩にいたこともあって、中学2年まで守っていた遊撃手にコンバートされました。

星稜高校の林和成監督は「リードも状況判断も素晴らしい。遊撃手の代わりはいても、捕手の代わりはいない。捕手としても、星稜で10年に1人の選手」と絶賛しています。

プロのスカウトの間でも捕手、遊撃手のどちらで評価するか、意見が分かれるほどの逸材です。

肩の強さでは先輩の山瀬慎之助捕手に及ばないものの、その分を捕ってからの速さでカバーして対応しています。

年末に行われた沖縄合宿では同行した山瀬捕手から、送球時のステップ幅や体の向きなどを細かく教わるなど内山壮真選手は向上心も実に旺盛です。

今は「ボールの強さが変わってきた」と手応えを感じているといいます。

もちろん高校通算30本塁打をマークしている強打も健在です。「遊撃手の時より、打撃のことを考える時間が短くなった」という内山壮真選手。秋の公式戦打率はチームトップの5割3分8厘・2本塁打・16打点と4番の仕事もしっかりとこなしていました。

スポンサーリンク

星稜高校・内山壮真 まとめ

今回は星稜高校・内山壮真のプロフィールや中学時代の活躍ぶり、空手で日本一に輝いた実績のある父、そしてその父から学んだ空手が野球の原点になったことやプレースタイルなどについて調べてみました!

夏の交流大会での攻守にわたる活躍に期待したいですね!

スポーツ
スポンサーリンク
ats blog

コメント