Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

トランポリンの選び方はこれで解決!大人も子供も楽しく運動不足解消

生活

運動したけど、室内や家でできる運動はかなり限られてきますよね。

単純なストレッチやヨガなら続けるのも難しそうだし、どうせなら子供だけじゃなく、大人も一緒に運動できる器具があったらいいと思いませんか?

そんな方にぜひ使っていただきたいのがトランポリンです。

トランポリンって子供の遊び道具じゃないの?と疑問をもつも多いと思います。

でも今トランポリンはかなり注目されているんですよ!

大人の方に一番うれしいのはダイエット効果があることです。なんと5分ぴょんぴょんするだけでジョギング1km相当の運動量になり、脂肪燃焼・基礎代謝アップ・筋力アップ ・むくみ解消などに効果があります

お子様には、飽きることなく楽しく全身運動ができ、運動神経が鍛えられることで脳の成長にも良いとされています。また、バランス感覚やリズム感を身に付けることもできます。

この記事では、こんないい事ずくめのトランポリンについて紹介します。

・トランポリンの選び方「ばねタイプ」編
・トランポリンの選び方「耐荷重や安全性」編
・トランポリンをおすすめする理由【子供編】
・トランポリンをおすすめする理由【大人編】
・おすすめのトランポリン
・おすすめの防音マット

ぜひこの機会に、自宅で家族そろって楽しみながら運動不足を解消しましょう!

スポンサーリンク

トランポリンを選ぶ時は「ばねタイプ」に注意

メリットや実際にどんなトランポリンを選べばよいのでしょう。

大きく分けるとバネの素材によって2つのタイプがあります。

ばねタイプの種類【スプリングタイプ】

バネが金属のスプリングでできています。金属だけに、耐久性があるだけでなく、バネだけの交換も可能なので壊れたときでも修理が簡単です。

ただ、金属音が出るので、近所迷惑にならないような配慮が必要ですし、スプリングの間に手足が挟まることも考えられるので注意も必要です。

ばねタイプの種類【ゴムバンドタイプ】

スプリングタイプに比べて音が静かですが、ゴム製なので若干耐久性が良くなく、ゴムバンドが切れたり傷ついてしまうとトランポリンを買い換えなければならないという弱点があります。

スポンサーリンク

トランポリンを選ぶ時は「耐荷重や安全性」に注意

トランポリンを買うときに注意しなければいけないのは、耐荷重と安全性です。

耐荷重

は、子ども用とされているものは平均70から80kgですが、100kgや110kgまで耐えられ、大人用と変わらないものもあります。

親子で使うのなら、耐荷重が100から120kgあると良いでしょう。

安全性

次に確認したい安全性のポイント3つです。

・サイズを確認し部屋における物を選ぶ

飛び方が悪くて飛び出してしまったり、バランスを崩して倒れそうになったときのことを考えた方がいいでしょう。そうすると直径90cm以上のものがおすすめです。

・コンパクトに収納できるか

折りたたみ式のものや、脚を取り外して丸められるものがあるので部屋の大きさにあわせて検討しましょう。

・手すり付きで事故防止

安全を考えるのなら手すりやバーがついているものを選ぶのもおすすめです。

つかまりながら飛べるのでバランスを崩す心配もなく乗り降りも楽です。思い切った動きをしたい時にも便利ですね。

手すりはT字型のバーになっているものや、アーチ型のバーになっているものもあります。運動の種類やお好みで選んでみてはどうでしょう。

スポンサーリンク

トランポリンをおすすめする理由【子供編】

そんな運動不足解消のためにおすすめなのはトランポリンです。実は家の中でも使えるトランポリンはたくさんあります。

子供にトランポリンをおすすめするのは以下の4つの理由からです。

①楽しく全身運動できる
②運動神経が鍛えられる
③脳の成長に良い
④バランス感覚やリズム感を身に付けることができる

トランポリンは、つねに全身の筋肉をつかっていますので、一番簡単な全身運動といえます。

子供は10歳までにいろいろな運動をすることで運動神経が発達しますが、全身運動のトランポリンはいちどにいろいろな運動をしたのと同じ効果があるので、一番簡単に運動神経を鍛えられるのだそうです。

また、飛びながらどのくらい跳ね上がるのかとかどこに着地しようかなどを瞬間的に考えることで、脳の成長にも役立つのだそうです。

加えて、常に体のバランスを考えることで体幹が鍛えられるほか、一定の間隔で飛ぶことでリズム感も養われます。子供にとっては、良いといいことずくめです。

楽しんで跳んでいる間に、運動神経やバランス感覚を鍛えられるなんて最高ですね。

スポンサーリンク

トランポリンをおすすめする理由【大人編】

大人がトランポリンをするメリットは以下の2つの理由からです。

①ダイエット効果が期待できる
 ・脂肪燃焼
 ・基礎代謝アップ
 ・筋力アップ
 ・むくみ解消
②体幹が鍛えられる

ダイエット効果については、NASAでは宇宙飛行士が地上でのトレーニングでトランポリンを使用し、ジョギングよりも68%も高い運動効果があると立証されたことから一躍注目されました。

運動効果が高いということは、より多くの体脂肪を燃焼できてダイエットに効果があるし、筋肉の量を増やすことにもなり、その分基礎代謝がアップします。

同時に、リンパの流れも良くなり、むくみなども自然に取れていくのです。

一方、子どもと同様、自然に無理なく飛び跳ねやすい体勢をつくることになるため体幹が鍛えられます。骨盤の開きも治っていくそうですよ。

スポンサーリンク

おすすめのトランポリン3つと番外編2つを紹介

おすすめの3つのトランポリンをご紹介します。大人、子ども兼用で使えるものです。

DABADA トランポリン

耐荷重は110kg、直径102cm、高さは22cmで、部屋に合わせて9つの色から選べます。金属のスプリングタイプですが、ラバーでガードされていますので、足を挟んでしまうことも少ないと思われます。

Amazonでの評判もかなり高い商品です。

②IRONMAN CLUB(鉄人倶楽部) ハンドル付 ヘキサ トランポリン

耐荷重80kg、約1215x1215x1350mm、のヘキサ型トランポリンです。

ハンドル付きのため、色々なエクササイズが可能で、子供も安心して飛び跳ねることができます。

③FLAMROSE トランポリン

耐荷重120kg、直径101cm、高さ26cmで、トレーニングジムでも採用されている、高強度・高弾力ゴムを金属バネの代わりに使っています。

また、手すり付きなので子供でも安心して遊べ、静音バンドを使用しているので、音も気にせずに使えるます。コンパクトにたためるのも良いですね。

 

番外編 RJWQKJ トランポリン(ネット付き)

耐荷重200kg、直径92cm、高さ30cmで、高さ90cmの防護ネットが付いているので、小さなお子さんが使っても外に弾き飛ばされる心配がなく、安心・安全に使用できます。
 
また、金属バネの代わりにゴムを使っているので、お子さんが足を痛める心配もなく、静音性にも優れています。
 

 

番外編 ホップフィット ミニオンズ

耐荷重70kg、直径91.5cm、高さ22cmで、お子さんに大人気のミニオンズのトランポリンです。

コンパクトに収納でき、カバーもついているので足を挟むことなく安心して遊ぶことができます。また、口コミをみると結構大人の方も使っているようです。

スポンサーリンク

マンションでトランポリンを使うなら防音マットがおすすめ

飛び跳ねるものですから、結構音や振動があります。マンションであれば下の方や両隣にも気をつかう必要があります。

そこでおすすめは、下に敷く防音マットです。防音マットにはいろいろ素材があってそれぞれ厚みも違います。トランポリンをするときには、防音防振動効果が高いものを選びたいですね。

また、トランポリンを直接床に置いて使用していると、どうしても床に傷やへこみが出来てしまいます。床の傷つき防止のためにもマットを使う事をおすすめします。

おすすめの防音マット

おすすめの防音マットを2種類紹介します。

①RIORES (リオレス) トランポリン用フロアマット

サイズは120mm×120mm、厚さが5mmあるので耐震や防音にも効果があります。

リバーシブルで両面使用できるのが特徴です。

②MRG トランポリン マット

サイズは120mm×120mm、厚さが6mmあるので耐久性に優れています。

スポンサーリンク

まとめ

今、注目されているトランポリンについてご紹介してきました。

子どもから大人まで簡 単に使えて、更に発育にもダイエットや健康にも良いトランポリン。

新型コロナウィルスでなかなか外出することができないこの時期だからこそ、始めてみるには一番良いのでは ないでしょうか。

生活
スポンサーリンク
ats blog

コメント