Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

宇佐見りんの大学どこで高校は?可愛いと話題の画像や「推し燃ゆ」の口コミも紹介!

話題
スポンサーリンク

第164回芥川賞が2021年2月20日発表され、宇佐見りんさんの「推し、燃ゆ」に決まりました。

受賞作の「推し、燃ゆ」を是非読んでみたいけど、読んだ人の口コミはどうなんでしょうか?

さらに、若干21歳の宇佐見りんさんは、現役の大学生との噂があります。

宇佐美りんさんの通っている大学はどこなのか気になります。

ここでは、宇佐見りんさんの大学や高校はどこなのか、可愛いと話題の画像を調査、芥川賞受賞作品『推し燃ゆ』の口コミやあらすじを紹介します。

 

スポンサーリンク

宇佐見りんの大学や高校はどこ?

宇佐美りんさんに関しては、次のことが分かっています。

・中高一貫校に通っていた。
・高校の卒業には卒業論文が必要だった。
・中学と高校では、演劇部に所属していた。
・現在は大学生
・大学のサークルは演劇部、歌舞伎研究会にも入っている。

宇佐美りんさんは、現在は神奈川県に住んでいます。

東京や神奈川で、上記の「中高一貫校」「高校に卒業論文」「中学・高校に演劇部がある」の全てに当てはまる学校は、立教女学院、慶応高校があります。

歌舞伎研究会がある大学は、慶応大学、早稲田大学、明治大学、立教大学があります。

 

宇佐見りんの大学と高校は慶應?

更に詳しく、調べていきたいと思います。

宇佐美りんさんについて、気になるツイッターがありました。

このふじもんさんは、慶応大学の2年生です。

このふじもんさんの言っている「同大同学部の同級生が芥川賞を取ってしまいました。」という言葉を信じるなら、宇佐美りんさんは、慶応大学に通っているという事になります。

 

という事で・・・

宇佐美りんさんは、慶應義塾中学、慶應義塾高校、慶應義塾大学と予想します。

 

宇佐美りんプロフィール

宇佐美りんさんのプロフィールです。

名前:宇佐見りん
生年月日:1999年
年齢:21歳(2021年1月20日現在)
出身地:静岡県沼津市(神奈川県出身)

 

スポンサーリンク

宇佐見りんの可愛いと話題の画像は?

 

スポンサーリンク

宇佐見りんの芥川賞受賞作『推し燃ゆ』の口コミは?

口コミは、圧倒的に共感できるという声が多いようです。

 

「推し」がいる人はぜひ読んで欲しい作品。

僕には今まで「推し」がいたことはないが、主人公のように心血を注げるような、自分にとってのスーパースターが人生で一度は現れて欲しいとふと思った。

宇佐見りんの文章は一文一文に切実さが込められていて素敵だ。

「推しは背骨」のように肉体の表現が多く、印象的。特にラストシーンがその象徴で素晴らしいの一言!

アルバイト中に忙殺されるあかりの描写がひたすら辛かった。

推しが『人』になってからの描写は、ぐさぐさ胸に突き刺さるようでした。言葉選びの一つひとつが上手いなぁと思います。前作も読んでみたいです!

ある日、主人公が推している芸能人がファンを殴ったらしいというスクープで炎上することから物語が始まっていく。

まさに現代っぽい。斬新さを感じた、でもそこに人間関係を絡めている。軽さと重さ。この小説は推しがいる人なら絶対共感できる。

 

「推し燃ゆ」のあらすじは?

主人公はどこにでもいそうな16歳の高校生、あかりです。

あかりには以前から、アイドルグループの青担当の上野真幸という「推し」がいる。

あかりは推しのプロフィールから、好きな食べ物まで事細かにノートにメモし、CDは観賞用、保存用、貸出用の3セット買うほどの熱を入れる。

彼女の目的は「推し」を解釈し、推しである上野真幸の視点で世界を見ていくことだった。

ある日、推しがファンを殴ったとの噂が立ち、SNSで炎上してしまう。

推しのためにすべての情熱を注ぎ続けた女子高生の、日々と苦悩を描写した作品。

 

スポンサーリンク

宇佐見りんの大学どこで高校は?まとめ

宇佐見りんさんの大学や高校はどこなのか、可愛いと話題の画像を調査、芥川賞受賞作品『推し燃ゆ』の口コミやあらすじを紹介してきました。

宇佐見りんさんの通っている大学は、おそらく慶應義塾大学、高校も慶応という事が分かりました。

また、芥川賞受賞作品『推し燃ゆ』の口コミは凄く評判が良くて、一度読んでみたくなりました。

推しのためにすべての情熱を注ぎ続けた女子高生なんて、今どきはどこにでもいそうですよね。

だからこそ、感情移入できるのかもしれません。

宇佐美りんさんの今後の著書に期待です。

話題
スポンサーリンク
ats blog

コメント