Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

藤井聡太棋士は高校卒業は大丈夫?出席日数は足りてる?

有名人

将棋界にたくさんの“史上最年少記録”を叩き出している将棋の棋士・藤井聡太棋士。

メディアが注目しだしたのは藤井聡太棋士がまだアマチュア時代、中学校1年生のときでした。

2002年7月19日生まれの藤井聡太棋士は2020年2月現在、17歳。

まだ高校生なんですね、本業は学生ということになるわけですが、将棋をする姿しか目にすることがないのであまり学生という印象がないですよね。

ところで、藤井聡太棋士は高校には行っているのでしょうか?高校は義務教育ではないので、当然単位を取らないと卒業できなくなってしまいます。

この記事では、藤井聡太棋士の高校卒業は大丈夫なのか?、どこの高校に通っているのか?、高校での成績はどうなのか?を調査しました

とくに高校の授業日数単位にスポットを当てて調べていきたいと思います。

【エコバッグ】メンズにおすすめ20選!コンビニはレジ袋型がおすすめ!

【冷感敷きパッド】ニトリ・イオン・しまむらの口コミは?おすすめも紹介!

スポンサーリンク

藤井聡太棋士は高校を卒業できるの?

基本的に高校は「総授業数を3分の1休むと授業単位取得ができない為留年が決定」すると言われています。

いくら勉強ができても授業への出席が足らなければ留年が決定してしまうのです。

具体的な必要出席日数を数字にしてみると高校の授業数が年間200日程度とすると3分の1はだいたい60日位ということになります。

また授業コマ数でいうと、年間70コマの科目などもあるそうなのでその科目については24日以上休むとアウトということになります。

藤井聡太棋士の場合、普通にいくと年間に行う対局が約100弱なのでその日数は単純に学校を休むことになります、これでは通常留年を余儀なくされてしまいますよね。

じゃー藤井聡太棋士は留年確定なの?

この点に関しては高校進学時に学校側・将棋連盟へ話し合いを求め、その結果、出席日数に関しての規定を学校側は柔軟に対応・将棋連盟も土日や夏休み等の長期休暇時に対局をする方向で対応してくれているようです。

ただ、学校側もタイトル戦に出場することは想定外だったようで、平日に遠征して泊りで対局を行う事が多くなってきました。

その点は、学校側もどうするかは検討していると思われます。

 

でも、そこまでして高校に通う理由があるの?

しかしそこまでして、高校に通う必要があるだろうかという将棋ファンは多かったようで、実際高校進学の時に藤井聡太棋士も相当悩んだそうです。

しかしお母様の「高校くらいは出てほしい」という思いから藤井聡太棋士は高校進学を選ばれたそうです、今では学校へ行くということ、友だちと過ごす時間が藤井聡太棋士にとって束の間の癒やしとなっているようです。

子供用熱中症対策のおすすめグッズ20選!

【熱帯夜】暑くて寝れない時の快眠グッズ!寝る前の準備は?

スポンサーリンク

藤井聡太棋士の高校はどこ?

藤井聡太棋士は愛知県瀬戸市出身、現在は「名古屋大学教育学部附属高等学校」に在学する高校生、ちなみに偏差値は62で偏差値が66の「名古屋大学教育学部附属中学校」からの内部進学でした。

藤井聡太棋士が通うこの学校、実はとっても個性的な学校としても有名で「自由と自主性」を尊重しており勉強に関しても基本「放任主義」、しかし大学進学実績はここ数年で過去最高実績を残している名門国立校です。

つまりは塾などに行って補習を行なったり、自主的に勉強を行うことが求められるわけです。

藤井聡太棋士は先ほどから書いている通りかなりタイトなスケジュールで日々の生活をこなしておられるので勉強をする時間があるのかも気がかりですが、そもそも学校に行けているのかは気になるところですよね。

◆関連記事:藤井聡太棋士の年収は?

◆関連記事:藤井聡太棋士の運動神経は?実は足が速い?

スポンサーリンク

藤井聡太棋士の高校の成績は?

たくさん悩んで高校進学を決め、高校生活を楽しんでおられる様子の藤井聡太棋士、総授業数の日数に関しては学校側との相談で考慮してもらえたようですが、そもそもの学校の成績はどうなのでしょうか?

じつは「数学」「地理」が得意科目のようで学年でもトップの成績なのだそうです。

またパソコンで気象情報などを調べたり、いろんなことに興味を持つたびに調べるというのが趣味になっているようです。

興味を示すということから勉強に結びつけることが出来ているので忙しくても勉強をする事ができるのでしょうね。

スポンサーリンク

藤井聡太棋士の簡単プロフィール

・史上最年少(13歳2ヶ月)で奨励会三段に昇段しマスコミに注目される。

・最年少棋士記録(14歳2ヶ月)を62年ぶりに更新し四段に昇段しプロ入りする。

・公式戦勝利史上最年少(14歳5ヶ月)を更新した。

・プロデビューから無敗のまま歴代最多連勝記録(29連勝)を更新した。

・非公式戦“AbemaTV”の将棋チャンネルで羽生善治棋士を破った。

・中学生棋士での通算50勝を史上最年少(15歳4ヶ月)で更新した。

・史上初となる中学生で五段すぐ後に六段に昇段。

・七段昇段最年少記録(15歳9ヶ月)で更新した。

・通算100局の最年少記録(16歳)で更新している。

・永世称号獲得者・中学生棋士の中で通算100勝の最年少記録(16歳4ヶ月)を歴代最速・歴代最高勝率で更新した。

このように将棋界の歴史を幾度となく更新し続けてきた藤井聡太棋士は、歴代最速・歴代最高勝率などが示すとおり、その圧倒的強さは努力なしには決してなし得ないものですよね。

◆関連記事:藤井聡太棋士の史上最年少8段の昇段条件は?

スポンサーリンク

まとめ

今回は将棋界の若きレジェンド・藤井聡太棋士の私生活における高校生活がしっかりと送られているのかを調べてきました。

年間100対局を行うと言われている将棋、学業との両立は並大抵なことではありませんが、将棋連盟の配慮や学校側の柔軟な対応などによって藤井聡太棋士は忙しい対局の合間に高校生活を謳歌しているということが分かりました。

これからも将棋での活躍はもちろんですが、藤井聡太棋士のプライベートな部分、とくに学業は今の時期にしか味わうことが出来ない大切な時間なのでそれが損なわれるようなことが無いようにとファンは願いますね。

有名人
スポンサーリンク
ats blog

コメント