Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

中学入学祝い孫の相場や金額はいくら?マナーやいつ渡すかも紹介!

生活
スポンサーリンク

孫が小学校を卒業し、中学校に入学するときには成長を感じてうれしいでものですよね。

もちろんできる限り手助けをしたいですが、その時に気になるのが中学入学祝いを孫にいくら渡すかではないですか?

孫が中学校に入学するときに、周りの人は入学祝いをいくら渡しているのか、相場や金額はいくらか気になりますよね。

中学入学祝いの相場よりも少ないと何か申し訳ないし・・・。

この記事では、中学入学祝い孫の相場や金額はいくらなのか、マナーやいつ渡すかを紹介します。

また、中学入学祝いを孫にお金以外を渡す場合の、おすすめの物も紹介します。

今度、中学入学するお孫さんがいる方は、入学祝の相場や金額の参考にしてください。

 

スポンサーリンク

中学入学祝いを孫に渡すときの相場や金額はいくら?

中学に入学するお孫さんに渡す相場や金額はどれくらいなのでしょうか?

孫に中学入学祝いを渡すときの相場や金額はいくら?

中学校に入学する孫に渡す入学祝いの相場は、1万円~5万円です。

中学生になると学生服や通学カバンなどが必要になるので、お孫さんに学生服をプレゼントするおじいちゃん・おばあちゃんもいると思います。

ただ、小学校に比べると入学時に準備する物はあまり多くなく、物をプレゼントするよりはお祝い金を贈る場合が多いようです。

 

孫の中学入学祝いにお金以外は何がおすすめ?

孫の中学入学のお祝いに、お金では何かつまらないと思っている方もいるかと思います。

では、お金以外では何を渡せばよいのでしょうか?

中学になると、部活が始まります。

一番のおすすめは、部活の道具です。

特に運動部の場合は、ラケット、グローブ、シューズなど結構高価な物が多くなるため、贈られる方は喜びます。

ただ、部活の道具の場合、入学前に渡すことは難しいので、5月くらいの入部が完全に決まる時期になりそうです。

部活の道具以外のおすすめは、スマホや腕時計、自転車などが人気です。

特に自転車は学校に通う場合にはかなり喜ばれそうです。

その他では、商品券や図書カード、クオカードなども人気です。

 

スポンサーリンク

孫が中学入学!入学祝はいつ渡す?渡すときのマナーは?

孫の中学入学祝いの金額や相場は分かったけど、渡すタイミングって難しくないですか?

近くにお孫さんがいる場合や、一緒に住んでいる場合にはいつでも渡せますが、遠く離れたお孫さんの場合にはどうやって渡そうか悩みますよね。

 

入学祝いを渡す時期は?

中学に入学するお孫さんに入学祝いを渡す時期は、一般的には入学式の1か月前頃の3月の初旬から中旬が良いとされています。

特に義務教育の小学校や中学校は、高校や大学と違い、ほとんどの場合進学する学校が決まっているので渡す時期は分かりやすいですね。

遠くに住んでいる場合やタイミングが合わない場合には、入学式を過ぎてからでも問題はありません。

ただ、その場合には遅くなったことをお詫びする手紙と一緒に、入学祝いを贈るのがおすすめです。

また、文房具や学校で使う道具などをプレゼントする場合には、本人や親が買ってしまう前に渡してあげると喜ばれます。

事前に何が欲しいか聞いておくと、他の人と同じ物をプレゼントするという失敗も避けられそうですね。

 

入学祝いを渡す時のマナーは?

現金を渡す場合は、必ずのし袋に入れて渡すようにしましょう。

また、のし袋は、中に入れる金額を考えて選びましょう。

金額が1万円を超える場合は、紅白の水引がついたのし袋が良いです。

1万円以下なら、簡略化された水引や熨斗が印刷してあるのし袋が良いです。

 

スポンサーリンク

中学入学祝いの孫の相場の金額はいくら?まとめ

中学入学祝い孫の相場や金額はいくらなのか、マナーやいつ渡すかを紹介してきました。

中学入学祝いを孫に、お金を渡すか物を渡すかは結構迷いますよね。

どちらを渡すにしても、渡すときのマナーやいつ渡すかは気を付けたいですね。

また、買ってあげた物が必要のないものだったり、他の方と同じものを買ってしまったりすると意味がなくなってしまうので注意が必要ですね。

中学入学祝いを孫のお祝いは金額に関係なく、入学を祝う気持ちが一番大切です。

心からお孫さんや子供さんをお祝いしてあげてください。

生活
スポンサーリンク
ats blog

コメント