Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

入学祝いの相場は?孫が小学校・中学校・高校・大学入学時のマナーは?

生活

身内や孫の成長はうれしいでものですよね。

もちろんできる限り手助けをしたいですが、その時に気になるのが入学祝いですよね?

世間一般の相場はいくらなのか?それよりも少ないと何か申し訳ないし・・・。

この記事を読むことで、小学校から大学に入学するお孫さんの入学祝いの相場が分かります。

ぜひ参考にしてください。

この記事を読んで分かること
・小学校の入学祝いの相場
・中学校の入学祝いの相場
・高校の入学祝いの相場
・大学の入学祝いの相場
・入学祝いを渡すときのタイミングやマナー

◆関連記事:お年玉の年齢別の相場は?

スポンサーリンク

入学祝いの相場は?

 

小学校の入学祝いの相場は?

祖父母から小学生に入学祝いを贈る場合の相場は、1~5万円です。

ただ、小学校入学祝いにランドセルや学習机などを贈りたいと考えているおじいちゃん・おばあちゃんは多いと思いますが、その場合は購入の補助としてお祝い金を贈る場合が多いです。

お嫁さんやお婿さんのご両親もみえると思うので、プレゼントをする場合は購入する前に何を用意するかを相談した方がいいですね。

中学校の入学祝いの相場は?

中学校も小学校とお祝い金の相場は変わらず、1~5万円です。

中学生になると学生服や通学カバンなどが必要になるので、学生服をプレゼントするおじいちゃん・おばあちゃんもいると思います。

ただ、小学校に比べると入学時に準備する物はあまり多くなく、物をプレゼントするよりはお祝い金を贈る場合が多いようです。

高校の入学祝いの相場は?

高校での相場は1~8万円と結構幅があります。

今までの義務教育と違い、高校からは準備するものが一気に増え家庭の負担が大きくなってきますし、進学先によっても大きく違い、私立の場合は国立や公立に比べ負担が増えます。

また、入学金や授業料が必要になってくるのでお祝い金は多めに渡す場合が多いようです。

入学時に準備するものとしては、教科書や学生服が主です。
また通勤形態で変わりますが、自転車やバス・電車の定期券などが必要になります。

大学の入学祝いの相場は?

大学での相場は5~20万円と結構幅があります。

また、国立・私立や実家から通うか一人暮らしかによっても用意する物が変わってきます。

最初に必要な物は、入学式用のスーツや引っ越し費用等ですが、教科書代やパソコンなども必要になってくるのでかなりの出費になります。

また一人暮らし場合は仕送りも必要になり、入学金や授業料などもなるため、お祝い金は多めに渡す場合が多いようです。

スポンサーリンク

入学祝いを渡すときのタイミングやマナーは?

一般的に入学祝いを渡す時期は、入学式の1か月前頃が目安です。
小学校の場合は、3月初旬~中旬頃になります。

ランドセルや学習机の購入費として渡す場合で、前もって渡せない場合は、購入後に渡してもマナー違反にはなりませんのでご安心を。

入学祝いは、のし袋に入れて渡すのがマナーです。金額が1万円以上の場合は紅白の蝶結びの水引が付いた、のし袋を使いましょう。

お祝いの言葉と一緒に直接手渡すのが一番ですが、遠方にお住いの場合でなかなか会えないという場合は、添え状をつけるのがよいです。

スポンサーリンク

まとめ

入学祝いの金額の相場の目安がわかりましたね。

でも、買ってあげた物が必要のないものだったり、他の方と同じものを買ってしまったりすると意味がなくなってしまうので注意が必要ですね。

金額に関係なく、入学を祝う気持ちが一番大切です。心からお孫さんや子供さんをお祝いしてあげてください。

生活
スポンサーリンク
ats blog

コメント